沈黙のjamko29さんの感想

残酷な指輪物語、だと思った。まったくの異世界で使命感もって目的を果たそうとするも幾度も命を狙われ誘惑もされ揺さぶられる。そこに宗教とは何かという深すぎるテーマぶっこんでこの枚数におさめるとか読んでおいてなんだが信じがたい。生活が苦しすぎるゆえにキリスト教に救いを求める農民たち、しかし彼らは自分達側に引き寄せて解釈しており、そこに違和感を感じるパードレたち、という流れは日本人の宗教観の本質的な話で面白いなと思った。
★29 - コメント(1) - 1月11日
jamko29
キチジローはゴラム。
★2 - 01/11 01:29


感想・レビュー投稿者

587冊/180930ページ/女性/その他

jamko29さんの最近の感想・レビュー

からのゆりかご―大英帝国の迷い子たち
1900年代から(なんと70年代まで!)国家ぐるみで行われていたイギリスの児童移民についてのノンフィ…続きを読む
ファンタジーが生まれるとき―『魔女の宅急便』とわたし (岩波ジュニア新書)
ただ面白そうだから、という理由で夫婦でブラジル移民となった角野さんの行動力!1960年の話だよ!?ま…続きを読む
きっとあなたは、あの本が好き。連想でつながる読書ガイド (立東舎)
年始に読めてよかったブックガイド。今年の課題本は『薔薇の名前』に決まり!あと映画のイメージだけで原作…続きを読む
わたしが棄てた女 (講談社文庫)
タイトルからしていわゆる遠藤周作作品のイメージからすれば通俗小説寄りかと軽い気持ちで読み始めたのだけ…続きを読む
すべての見えない光 (新潮クレスト・ブックス)
うまく言葉にできないが、交響曲を聴いてるような感覚があった。心が踏みにじられる戦争の愚かさと空虚。大…続きを読む
高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)
ドラマ版S1見終えたのでさっそく原作読んでみた!なるほどドラマと設定はほぼ同じだけどストーリーは原作…続きを読む
ログイン新規登録(無料)