きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのhamhamさんの感想

九龍城砦を思わせる雑然としたディストピア。ゴミ回収を生業とする不幸な主人公の少年。掃き溜めに鶴の白ワンピの美少女。食傷気味のモチーフに寒気を感じる。ホラーよりも、内臓系グロでした。消えた母親分、二組も出てくる双子と気になる要素はあるのに、特に物語上の仕掛け無し。宣伝で「ラスト10ページで号泣必至!」と煽られましたが、無理でした。いい加減こういう煽りはやめた方がいいのではと思うが、釣られる私のような泣きたがりのミーハーがいる限りなくなるはずもありません。
★21 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

602冊/173569ページ

hamhamさんの最近の感想・レビュー

ボカロ界のヒミツの事件譜 3 名探偵エレGYちゃん様の謎解きごっこ (星海社FICTIONS)
三篇目の「謎解きごっこ」良かった。これまで、読者がとっくに気づいていることを作中の泉和良が鈍感全開で…続きを読む
絵はすぐに上手くならない
図書館に予約して半年ぐらい待ったかな?思った以上に絵を描けるようになりたい人は多いようだ。帯通り漠然…続きを読む
MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
手塚治虫が「風木」や「トーマの心臓」を見て、「ふ、ふん!これくらい僕だって描けるもんね!」とBLに挑…続きを読む
ボカロ界のヒミツの事件譜 2 名探偵エレGYちゃん様のボカロPデビュー (星海社FICTIONS)
流石にこれに「本格」と冠するのは無理がある。作者の泉和良が実際にボカロPと小説家であるというアドバン…続きを読む
あひる
「宗教関係のことを母が父にぼそっと伝えて」の一文を目にした時の、麻酔のかかった皮膚に刃物を入れられた…続きを読む
お客さまはぬいぐるみ
さまざまな事情から旅行にいけない人の代わりに、ぬいぐるみが旅行をする。フィクションじゃなくてノンフィ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)