鬼の蔵 よろず建物因縁帳の梅昆布茶さんの感想

先に怪異の真相を科学的検証で解明していくスタイルと勘違いしてしまったせいか、評価の高さに期待したわりにあまりストーリーに入り込めなかった。オカルト前提でむこうとこちらの折り合いをつける営繕かるかや怪異譚的な設定なのか。主人公の女性言葉が受け入れ難く、いまいち文章が理解しづらい。ページ数が200程度と短いためか、設定を頑張っているのに反して奥深さを感じない。恋愛方向に持っていこうとしているのも余計だと思う。
★6 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

766冊/216564ページ

梅昆布茶さんの最近の感想・レビュー

魔刻 百物語 (竹書房文庫)
「不安の種」のような話が多くなかなか面白かった。全体的にレベルが高いと思ったがどこかで見聞きしたよう…続きを読む
FKB 怪霊録 奇の穴 (竹書房文庫)
単に○○に聞いた話とかでなく、体験者とのインタビューを再構築したような文体がいい。体験者の主観的な話…続きを読む
不安の種+全4巻 完結セット (少年チャンピオン・コミックス)
掲載誌の関係なのか、無印に比べると不気味さが減ったと思う。連作形式のオチョナンさんは家系に纏わる因縁…続きを読む
緋い猫 (祥伝社文庫)
終盤、妄想オチじゃないだろうなあとハラハラしながら読んだ。 ラスト2ページのある意味どんでん返しより…続きを読む
どこの家にも怖いものはいる
のぞきめが気に入ったので読んでみたが、同じ実話風民俗学ホラーでも向こうはミステリ要素が強かったのに対…続きを読む
鬼畜の家 (講談社文庫)
あらすじからノンフィクション風、ルポルタージュ風かなぁと思っていたがごく普通の小説だった。松本清張の…続きを読む
ログイン新規登録(無料)