本日は、お日柄もよくのはなさんの感想

主人公「こと葉」がスピーチライターとなって政治家となった幼馴染みをサポートする青春小説です。各キャラクターが劇画チックに魅力的で、携帯世代の女子は感情移入すること間違いなしです。素材が政権交代で、現実の民主党(当時)が容易に想像できるので、その後のドタバタが思い出されてやや興ざめの部分は有りましたが。スピーチライターという職業に興味がわいたこと、文章が読みやすく感情に訴えるので一気に読むことができました。
★30 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

277冊/83630ページ/男性

はなさんの最近の感想・レビュー

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)
堀江氏の、これまで著して来た著書の纏めサイトのような内容の本。基本的に著者は自由人でアイディアマンで…続きを読む
京都ぎらい (朝日新書)
京都ぎらいと言っても、本当は京都を愛している著者の、その街や歴史に関するエッセイ風の読み物。坊主がキ…続きを読む
知の逆転 (NHK出版新書 395)
ジャレド・ダイヤモンドを始め、その分野の第一人者6人とサイエンスライター吉成氏の対談集。文明の崩壊、…続きを読む
遮光 (新潮文庫)
恋人が死んだ辛さに、遺体から指を盗みだし、ホルマリン漬けにして持ち歩いている歪んだ男の愛情を描いた作…続きを読む
アダルトビデオ―村西とおるとその時代
裏本の作製で成功した村西とおるがアダルトビデオで一世を風靡し没落するまでを著者の目を通して描いた「私…続きを読む
グルメの嘘 (新潮新書)
マスコミやミシュラン等の情報に踊らされてコストパフォーマンスの低い外食をしていないか、集客の為の偽り…続きを読む
ログイン新規登録(無料)