本日は、お日柄もよくのはなさんの感想

主人公「こと葉」がスピーチライターとなって政治家となった幼馴染みをサポートする青春小説です。各キャラクターが劇画チックに魅力的で、携帯世代の女子は感情移入すること間違いなしです。素材が政権交代で、現実の民主党(当時)が容易に想像できるので、その後のドタバタが思い出されてやや興ざめの部分は有りましたが。スピーチライターという職業に興味がわいたこと、文章が読みやすく感情に訴えるので一気に読むことができました。
★27 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

267冊/81013ページ/男性

はなさんの最近の感想・レビュー

楽園のカンヴァス
美術ミステリーと言われる著者の代表作のひとつである。作品の世界に引き込まれるようにして読了した。19…続きを読む
世界から猫が消えたなら (小学館文庫)
映画producerである著者は、兎に角リサーチすることでヒット作品を数多くプロデュースしている。こ…続きを読む
鋼のメンタル (新潮新書)
大放言の続篇のような趣の本です。あんなに言いたいことを言って、マスコミや各種団体から大叩きにあっても…続きを読む
脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)
ドーパミンを始めとする脳内物質やリアルの麻薬について解説した本です。依存症(中毒)や苦しみがやがて快…続きを読む
大放言 (新潮新書)
百田尚樹による、言いたい放題のコメント集。正論も多いが、やっぱりそこは関西人なので、サービス精神旺盛…続きを読む
「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)
有名人になるということの功罪をコンサルタントの視点で分析した本。有名人になった自分を商品と見立てどの…続きを読む
ログイン新規登録(無料)