本日は、お日柄もよくのはなさんの感想

主人公「こと葉」がスピーチライターとなって政治家となった幼馴染みをサポートする青春小説です。各キャラクターが劇画チックに魅力的で、携帯世代の女子は感情移入すること間違いなしです。素材が政権交代で、現実の民主党(当時)が容易に想像できるので、その後のドタバタが思い出されてやや興ざめの部分は有りましたが。スピーチライターという職業に興味がわいたこと、文章が読みやすく感情に訴えるので一気に読むことができました。
★32 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

281冊/84561ページ/259レビュー/男性

はなさんの最近の感想・レビュー

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)
刑務官の主人公が死刑囚と向き合い、心の奥の混乱、葛藤、死への欲望と命の胎動と向き合う小説。自殺する人…続きを読む
定年がやってくる: 妻の本音と夫の心得 (ちくま新書)
定年とはあまり関係ない、定年近くの旦那を持つ主婦のエッセイ。これはこれで、この夫婦の個性豊かな生活が…続きを読む
貧困女子のリアル (小学館新書)
大学や短大を卒業して普通に就職しても、貧困に陥っているアラフォー女子の現実をあぶり出したinterv…続きを読む
夜王 (1) (ヤングジャンプ・コミックス)
北海道から出てきたイケメンの純情な兄ちゃんが、新宿のホストクラブでのしあがっていくストーリー。リアリ…続きを読む
本音で生きる (SB新書)
堀江氏の、これまで著して来た著書の纏めサイトのような内容の本。基本的に著者は自由人でアイディアマンで…続きを読む
京都ぎらい (朝日新書)
京都ぎらいと言っても、本当は京都を愛している著者の、その街や歴史に関するエッセイ風の読み物。坊主がキ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)