小説 君の名は。のmorusoraさんの感想

再読。前回は11月29日。公開初日に映画を見て、その前に購入していた文庫を子供達に貸していたので、やっと読むことが出来て、映画を観ていなかった娘と一緒にまた観てしまった。小説版と映画の連携がうまく取れている本。映画だけじゃ描ききれないものが本にはあって、それを踏まえて観ると良い感じ。良い映画だと思うけど世の中こんなに大騒ぎする映画かなと不思議、みんな騒ぎすぎじゃないかな。
★33 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

457冊/148168ページ

morusoraさんの最近の感想・レビュー

確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム
少しクドイけれど面白かった。刑事の新妻友紀の言動がイマイチな気がする。少し福山雅治の「ガリレオ」みた…続きを読む
ホルモー六景 (角川文庫)
やっと見つけて読了。六編のロマンス。切ない思いの詰まったお話。〆の「長持の恋」、有川浩並みにキュンと…続きを読む
知床開拓スピリット―栂嶺レイ写真集
知床への開拓入植者と離農、その廃墟、「自然」に呑み込まれていく元開拓地の写真を多く使った本。最後の離…続きを読む
極北ラプソディ
再読だけど一気読み。続きを読む
誰か―Somebody (文春文庫)
面白かった。聡美にイラっとし、梨子にイライラし笑でも、こうゆう人は現実にいるなと。私は出来るなら速攻…続きを読む
閉鎖病棟 (新潮文庫)
想像のつきかねる精神病院での出来事、入院患者、医師や看護師、患者の家族、その他の人々。冒頭のそれぞれ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)