吾輩も猫であるのちょこるんさんの感想

猫好き作家たちによるアンソロジー。猫というキーワードがあるだけで、物語が出来上がっていないのでは!?と感じる作品もありましたが、一冊楽しめました。赤川次郎さんは久しぶりに読みましたが、やはり読み易いですね。そして面白かった。村山由佳さん、山内マリコさんの作品が好みでした。どの作品も猫への愛が溢れています。
★27 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

977冊/279711ページ/女性

ちょこるんさんの最近の感想・レビュー

星籠の海(下) (講談社文庫)
上巻で風呂敷を広げ過ぎてしまったように思える。長い。エピソードがありすぎて、どれも綺麗にまとめられな…続きを読む
星籠の海(上) (講談社文庫)
初めて御手洗シリーズを手にしました。上巻だけでも分厚くて躊躇しましたが、読み易いですね。このページ数…続きを読む
ご縁の糸: 芽吹長屋仕合せ帖 (新潮文庫)
主人公の不幸な身の上が明かされたところから始まりましたが、時代物にしては読み易いです。[ご縁の糸]と…続きを読む
移住女子
物が溢れている都市部から、田舎(と言っていいのか?)に移住を決断した女性達を取材記。小説と勘違いして…続きを読む
ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒 (集英社オレンジ文庫)
シリーズ三作目ですが、毎回美味しそうな料理が出てきます。どうしても、酒の肴のような品物が多いのですが…続きを読む
うっとり、チョコレート (おいしい文藝)
チョコレートを題材に沢山の作家さんが挑んでます。うっとりする話は数話でしたが、色んな思い出があるので…続きを読む
ログイン新規登録(無料)