吾輩も猫であるのちょこるんさんの感想

猫好き作家たちによるアンソロジー。猫というキーワードがあるだけで、物語が出来上がっていないのでは!?と感じる作品もありましたが、一冊楽しめました。赤川次郎さんは久しぶりに読みましたが、やはり読み易いですね。そして面白かった。村山由佳さん、山内マリコさんの作品が好みでした。どの作品も猫への愛が溢れています。
★22 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

943冊/269328ページ/女性

ちょこるんさんの最近の感想・レビュー

竜は動かず 奥羽越列藩同盟顛末 上 万里波濤編
百万石の留守居役シリーズを何作か読んでいたのですが、あの作品のような躍動感はありません。もちろん今に…続きを読む
通い猫アルフィーの奇跡 (ハーパーBOOKS)
優しい飼い主と居心地の良い住まい、それが急に失われたら…、飼い猫のアルフィーに降りかか…続きを読む
スイーツレシピで謎解きを 推理が言えない少女と保健室の眠り姫 (集英社文庫)
スイーツを題材にしているので、甘く爽やかな青春小説だと思っていました。もちろん、お菓子の話は読んでい…続きを読む
本バスめぐりん。
本好きとして、つい手にしてしまいました。移動図書館は利用したことがないのですが、作中にあるように利用…続きを読む
雪のドーナツと時計台の謎―ドーナツ事件簿〈3〉 (コージーブックス)
事件の核心に迫れず、ドーナツ店のことばかりで話が進まない。ドーナツが食べたくなるばかりの話ですが、今…続きを読む
ロンジン・ティーと天使のいる庭 お茶と探偵8 (ランダムハウス講談社文庫 チ 1-8)
相変わらず、お茶とお菓子が美味しそうなシリーズ、巻を重ねるにしたがって、事件に巻き込まれたセオドシア…続きを読む
ログイン新規登録(無料)