羊と鋼の森のいきあたりばったりさんの感想

繰り返される「明るく静かに澄んで懐かしい文体……」という表現がしっくり馴染む世界だった。耳をすませていると、確かにピアノの音が聞こえてくる……。実家にあるピアノをもう一度開いて触れてみたい、と昔を懐かしむような穏やかな気持ちになった。ピアノ調律師になったばかりの主人公の「いつになったら、自信をもってできるようになるのだろう」という焦る姿勢に自分を重ねて読んでしまった。本人の「才能や素質」に焦る姿と周りの「着実に頑張る、それで実力がついてくる」というのが、静かなのだけれども力強い励まし。いい小説でした。
★44 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

39冊/13954ページ/27レビュー/男性

いきあたりばったりさんの最近の感想・レビュー

桜風堂ものがたり
すごく心が揺さぶられた小説でした。何度も何度も、涙腺がゆるみました。紡ぎだされる言葉が心にためらいな…続きを読む
破門 (単行本)
表紙のイメージから、深刻なサスペンスを創造していたが、全然違っていた。ポンポンと軽快なリズムの心地よ…続きを読む
盤上の夜 (創元SF文庫)
これもSF小説っていうのか……と、目から鱗。表題作の「盤上の夜」はなんと…続きを読む
また、桜の国で
第二次世界大戦時のポーランド。といえば時代は、想像に難くない。国家、民族、戦争、ナチス、そしてユダヤ…続きを読む
君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-2)
後からこちらを読みました。『僕が』を先に読んでおいてよかったな、と思いました。切ないというよりは、ち…続きを読む
僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫 JA オ 12-1)
面白かった!さくさく読めたし、ぐぐっとひきつけられて、ぐんぐん読み進めて、中盤から終盤は電車の中で読…続きを読む
ログイン新規登録(無料)