殺人犯はそこにいるのあきまこさんの感想

私がこの本を手にしたのは、この画像のカバーの上にさらに、書店員さんの手書き風のお薦め文がぎっしり書かれたカバーが掛かっていたからです。「少しでも多くの人に読んで欲しい」や、「小説以外の本を買う習慣がない方にはハードルが高いかも」という言葉に読もうと心決めました。DNA型鑑定の説明はやはり難しかったです。私のような一般人には知らされない、たくさんの情報や記録があるのだなと思いました。後書きにあるように、警察、検察、裁判所など、難しいですが正義の味方でいて欲しいです。自分には手が届かないので、祈るしかないです
★38 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

453冊/141691ページ/女性

あきまこさんの最近の感想・レビュー

作家の口福 おかわり (朝日文庫)
このような本は大好きです。朝井リョウさん、川上弘美さん、平松洋子さん、とても読みやすく、共感するとこ…続きを読む
芥川症 (新潮文庫)
これ迄読んできた久坂部羊作品はどれも面白く、今回も、芥川龍之介作品をモチーフとしたものということで、…続きを読む
決戦!三國志
まず、人名を読んだり区別するのが難しかったです。大まかにでも歴史をさらってから読んだ方が理解度は上が…続きを読む
泥酔懺悔
飲酒の良さがわからないながらも、「泥酔」の境地に興味があり、この本を読みました。下戸サイドからの綴り…続きを読む
若冲
Eテレの「びじゅチューン」という番組で「鳥獣花木図屏風」を知りました。この伊藤若冲という人は、青物問…続きを読む
岩伍覚え書 (集英社文庫 み 9-1)
『櫂』『朱夏』などを読んで感銘を受けました。喜和の夫であり綾子の父である岩伍の視点である本書を読みた…続きを読む
ログイン新規登録(無料)