殺人犯はそこにいるのあきまこさんの感想

私がこの本を手にしたのは、この画像のカバーの上にさらに、書店員さんの手書き風のお薦め文がぎっしり書かれたカバーが掛かっていたからです。「少しでも多くの人に読んで欲しい」や、「小説以外の本を買う習慣がない方にはハードルが高いかも」という言葉に読もうと心決めました。DNA型鑑定の説明はやはり難しかったです。私のような一般人には知らされない、たくさんの情報や記録があるのだなと思いました。後書きにあるように、警察、検察、裁判所など、難しいですが正義の味方でいて欲しいです。自分には手が届かないので、祈るしかないです
★49 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

467冊/146206ページ/女性

あきまこさんの最近の感想・レビュー

告白の余白
京女の言葉の裏にある本当の気持ちの探り合い、会話の裏にある密かな火花のようなものが、怖かったです。続きを読む
山怪 山人が語る不思議な話
こんなに背筋がゾクゾクと寒くなる本は、今まで読んだことがない。山に対し何となく憧れのような思いが…続きを読む
作家の食卓 (コロナ・ブックス)
自分より前の時代を生きた方々の書く世界は、やはり読みごたえがあるというか、すんなりとは入って行かない…続きを読む
彼女のこんだて帖 (講談社文庫)
それぞれの日常を、食事をテーマにして切り取った短編集。1話が短いので、細切れ時間でも読める。それぞれ…続きを読む
ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく
PHP文芸文庫で読了。だんだん北大路公子の面白さを求めるようになってきました。一日を過ごすうち《早く…続きを読む
みかづき
とにかく月日が流れるのが速い。昭和36年の千葉の小学校から平成の現在まで、長い一日を重苦しく書くので…続きを読む
ログイン新規登録(無料)