殺人犯はそこにいるのあきまこさんの感想

私がこの本を手にしたのは、この画像のカバーの上にさらに、書店員さんの手書き風のお薦め文がぎっしり書かれたカバーが掛かっていたからです。「少しでも多くの人に読んで欲しい」や、「小説以外の本を買う習慣がない方にはハードルが高いかも」という言葉に読もうと心決めました。DNA型鑑定の説明はやはり難しかったです。私のような一般人には知らされない、たくさんの情報や記録があるのだなと思いました。後書きにあるように、警察、検察、裁判所など、難しいですが正義の味方でいて欲しいです。自分には手が届かないので、祈るしかないです
★49 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

462冊/144947ページ/女性

あきまこさんの最近の感想・レビュー

みかづき
とにかく月日が流れるのが速い。昭和36年の千葉の小学校から平成の現在まで、長い一日を重苦しく書くので…続きを読む
BT’63(下) (講談社文庫)
上巻は暗く、砂ぼこりが舞う産業道路の殺風景なイメージが残りましたが、下巻ではさらに社会の闇に生きるも…続きを読む
BT’63(上) (講談社文庫)
最初主人公の体験についていけない感じがしたが、後半から事件の臭いが漂ってきて面白くなってきました。主…続きを読む
ニサッタ、ニサッタ(下) (講談社文庫)
悪いこと続きで生きるのに精一杯の耕平が、東京での暮らしに見切りをつけて帰郷してどんな人生を歩んで行く…続きを読む
ニサッタ、ニサッタ(上) (講談社文庫)
以前『地のはてから』を読んだ後で、何かでこの『ニサッタ、ニサッタ』を知り気になっていました。耕平は『…続きを読む
村上海賊の娘(四) (新潮文庫)
ついに景が闘いまくる。本当に、どれだけ首が飛んだことか…と思わずにはいられない激しさで…続きを読む
ログイン新規登録(無料)