きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにての姫林檎さんの感想

どこまで読み進んでも視界に靄がかかっているように感じる。実際には頭に靄が。うっすらとした光も無く、その世界のまま話が終わる。自分がこの世界の人間でなくてよかったと安堵する。
★10 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

324冊/76436ページ/女性/主婦

姫林檎さんの最近の感想・レビュー

明日の食卓
どの家庭にもゾッとするけど、よく覗き見たら普通なのかな。母子家庭のユウ君が健気で涙が。続きを読む
告白の余白
これを京都出身の方が読んだら…怒られないかヒヤヒヤ。恋は盲目。続きを読む
トコとミコ
山口さんは、強い女性とやんわりな人々の絡ませ方がうまい。女性二人の濃厚な人生。続きを読む
ミサコ、三十八歳
ミサコの家族を含め、周囲の人々にイライラ。冷静なミサコが凄い。こんな三十八歳に自分はなれそうにない。続きを読む
傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)
カミーユは女運がない。その一言に尽きる。続きを読む
満潮
ハッピーエンド…なのだろうか?誰かに求められたくて、求められてそれを叶えられて。『自分…続きを読む
ログイン新規登録(無料)