羊と鋼の森のTakafumi Yamaguchiさんの感想

音楽とは、遠い世界のことだが、この物語の調律師の話には惹かれていった。音、感じる感覚みたいなものは、凄く微妙な感覚なのだろう。そのちょっとした手間、違いが人生を左右する。もっと丁寧に耳をすますように生きよう。
★33 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

208冊/58244ページ/男性

Takafumi Yamaguchiさんの最近の感想・レビュー

スマイリング!  岩熊自転車 関口俊太
自転車屋のオヤジ、かっこいいなぁ。俊太に夢見たんだろうなぁ。ものがあふれた時代にないからこそのアイデ…続きを読む
不敗人生―43歳からの挑戦
落合氏自体は、天才肌だが、論理は、努力タイプ。その人間の二面性に秀でた人物で誤解も生みやすいのだろう…続きを読む
イチロー頭脳―目標を達成するための思考法
イチローの言葉には、説得力があり、そして、野球以外の事にも通用する哲学。小さな積み重ね、人に笑われて…続きを読む
発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由
障害を客観的に見られるとこのように解決できる部分は、あると思う。しかし、そういう見方ができない障害者…続きを読む
エキストラ・イニングス 僕の野球論 (文春文庫)
松井の人となりが垣間見られる。メジャーに行き、野球の本当のあるべき姿を見たのだろう。アメリカなら5打…続きを読む
動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか
エントロピー増大の法則に従い、人は死に近づく。 人の細胞は、日々壊され、更新される。絶え間なく繰り返…続きを読む
ログイン新規登録(無料)