君の膵臓をたべたいの海子さんの感想

元気だった頃の二人の会話はテンポ良く、楽しかった。とにかく二人のやりとり全てが可愛く、切なかった。終盤の描写やまとめ方は、ちょっとごぎれい過ぎるところに面映さがあったので、個人的には、いっそ省略しても良かったくらいなのだけれど、トータルして良かった。
★40 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

557冊/173826ページ/353レビュー/女性

海子さんの最近の感想・レビュー

深追い (新潮文庫)
「深追い」の本人の意図と受け取る側のすれ違いによる悲劇。「仕返し」の真実を知った時の背筋が凍るような…続きを読む
全思考 (幻冬舎文庫)
なるほどなと膝を打つような名言や考察が、シンプルに分かりやすく書かれていた。携帯電話のくだりは秀逸。…続きを読む
動機 (文春文庫)
重厚な短編集。表題作は、まさに動機が胸を打った。不器用な無骨な、しかし笑い飛ばせない痛切な思いだった…続きを読む
春から夏、やがて冬
一筋縄ではいかないと思っていたので、何らかの関係はあったと思っていたけれど、そんな読者の思惑も見透か…続きを読む
刑事の子 (BOOK WITH YOU)
ラノベっぽいかなーと思ったけれど、さすがは宮部みゆき。本格ミステリでした。読みやすく、それでいて未成…続きを読む
消滅 - VANISHING POINT
会話や描写などずっと面白くて、結末が気になって最後ま一気に読めたけど、やっぱりオチが弱いというか。新…続きを読む
ログイン新規登録(無料)