本日は、お日柄もよくのaruruyurikoさんの感想

スピーチを聞くことに興味が出てくる。学生の時にこの本に出合いたかった。
★20 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

87冊/31386ページ/女性

aruruyurikoさんの最近の感想・レビュー

蜜蜂と遠雷
音楽を文で表現できるって、作家さんてすごいです。音楽に詳しくない私でもクラシック音楽聞きたくなり、心…続きを読む
よるのばけもの
深い。こんな文章を書ける、表現できる作者の人柄ってどんな方だろうと。本を読み終えてどきどきがしばらく…続きを読む
また、同じ夢を見ていた
ゆっくり二度読みしてやっぱり深い。次回作とても楽しみです。続きを読む
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
一気読みしました。 最後どうなるのかなと読み進め、結末がなかった・・どうなったのかしらと 気になって…続きを読む
孤独の歌声 (新潮文庫)
リアルな表現で結構グロイ。内容は・・二時間ドラマみたいな感じですかね続きを読む
葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
最後まで読んで、ええ!!!と二度読みしました。うまい!続きを読む
ログイン新規登録(無料)