殺人犯はそこにいるのきっちゃんさんの感想

ページを捲る手が止まらない。DNA型鑑定や裁判のシーンなど解らないところも多く、前に戻りながら読みすすめていたら朝を迎えていた。「北関東連続幼児誘拐殺人事件」の謎に迫るテレビの特番は何度か見ていたが冤罪事件の「足利事件」とは結びついていなかった。警察官の筋読みありきの捜査の危うさ・恐ろしさ、一度組み込まれたら逃れることは出来ない。著者は真犯人を確信しているが警察庁と各県警は否定している。優先にされるべきは被害者の無念を晴らすことだ。警察にはメンツなどに拘らないで真犯人を捕まえて欲しい。
★49 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

1349冊/468014ページ/527レビュー/女性/51/主婦

きっちゃんさんの最近の感想・レビュー

刑事の約束 (講談社文庫)
5編からなる短編連作集。「無縁」では少年が万引き事件を起こす事が発端に。少年は大人の事情により無戸籍…続きを読む
峠うどん物語 上 (講談社文庫)
「長寿庵」の屋号でうどん屋を経営していたが目の前に斎場が出来たばかりに「峠うどん」と名を変えた老夫婦…続きを読む
校閲ガール (角川文庫)
ファッション雑誌の編集者を夢見た河野悦子だが配属されたのは校閲部だった。入社して2年目でこのスキルな…続きを読む
雪煙チェイス (実業之日本社文庫)
殺人事件は起こるもののこのシリーズは何ともほんわかしていて素直にスノボーを楽しむ小説なんだなーと思う…続きを読む
おかめなふたり (幻冬舎文庫)
保護した時から約一年のしいちゃんとの暮らしぶりが目に浮かぶようで楽しかった。しいちゃん、今も元気に女…続きを読む
女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)
「女神」という柔らかさと「骨格」という硬さの相反する言葉がタイトルに惹かれた。 火災現場の空家から頭…続きを読む
ログイン新規登録(無料)