甘々と稲妻 8巻のぺん@さんの感想

最近の運動会とかお遊戯会とかは昔と違っていろいろあるとは聞いてたけど、ダンシング玉入れは初めて聞いた(笑)今回も、子供だからこその純粋な言葉とか、子供だからひねくれてるところとかすごくかわいかった。おとさんがなんだか今まで以上にお父さんで、先生だなって思えるのが多かった気がする。給食の牛乳は私は瓶も紙パックも経験したけど大嫌いで、いまだに牛乳は飲みません(笑)幼児体験って大事だね。
★14 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

896冊/274083ページ/女性/事務系

ぺん@さんの最近の感想・レビュー

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
乱世の同盟ほど儚く脆いものはないと思わせる。孫権の言が整わないところとか、はっきりしない感じが妙に腹…続きを読む
三国志 (8の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)
戦況は大きく変わらない。けれど、何かが大きく変わった気がする。周瑜がいなくなった。戦が始まったり、停…続きを読む
王とサーカス
目に見えて、今感じている人の印象がその人のすべてではない。ネパールの王室事件を題材に人間を描いたミス…続きを読む
三国志〈7の巻〉諸王の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)
それぞれの野望がある。天下統一、天下二分、天下三分。その中で、いろいろな思惑を抱えながら孫権、周瑜、…続きを読む
三国志 (6の巻) (ハルキ文庫―時代小説文庫)
諸葛亮孔明登場の巻!!三顧の礼をこうして読めるのは胸が熱くなる。2度目でもう来ないといいながら、無理…続きを読む
図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編 3 (花とゆめCOMICS)
はー(*´罒`*)たまらん!!たまらーん!!好きな人とはどれだけでも一緒にいたいよね(๑…続きを読む
ログイン新規登録(無料)