X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日のたろうさぎさんの感想

6人の作家によるクリスマス・アンソロジー。Xmasお決まりの甘〜い恋愛ものばかりかと思っていたのですが、それとは全く違って、それぞれの作家さんの個性が生きている素敵な作品ばかりでした。特にオススメは、三浦しをんさんの『荒野の果てに』です(*´ω`*)
★49 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

379冊/126961ページ/女性

たろうさぎさんの最近の感想・レビュー

終わった人
主人も定年まで後5年くらいかな?という事でどんな老後が巡ってくるのか想像もつかないが、子供たちも就職…続きを読む
硝子の太陽R-ルージュ
一家惨殺事件が起きた。すでに時効となっている過去に起きた惨殺事件と同一犯なのか!なんとも凄惨な事件で…続きを読む
インデックス
姫川玲子シリーズの短編集。過去の事件や警察官になる前の話なんかも出て来て興味深かった。最後の話は読ん…続きを読む
望み
行方不明の息子の安否が分からず、苦悩する家族の姿には読んでいて辛かった。確かな情報が入らないからこそ…続きを読む
猿の見る夢
エリート生活を謳歌している、定年間近の男の将来を見据えた夢は叶うのか!!!仕事はできるのかもしれない…続きを読む
校閲ガール (角川文庫)
今まで思っていたイメージとはかなりかけ離れた仕事。校閲について知れただけでも凄く得した気分になる。仕…続きを読む
ログイン新規登録(無料)