X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日のたろうさぎさんの感想

6人の作家によるクリスマス・アンソロジー。Xmasお決まりの甘〜い恋愛ものばかりかと思っていたのですが、それとは全く違って、それぞれの作家さんの個性が生きている素敵な作品ばかりでした。特にオススメは、三浦しをんさんの『荒野の果てに』です(*´ω`*)
★50 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

388冊/130262ページ/381レビュー/女性/主婦

たろうさぎさんの最近の感想・レビュー

紅霞後宮物語 第五幕 (富士見L文庫)
心の深いところでは分かりあい繋がっていると思っていただけにこのような展開は辛い。この心の距離の溝はど…続きを読む
スキン・コレクター
今回の連続殺人犯はインクの代わりに毒物を使い、皮膚に刺青を彫り殺害すると言うもの。まさか、このような…続きを読む
ゴースト・スナイパー
リンカーン・ライムシリーズ10作目。2000mの長距離狙撃を成功させる凄腕スナイパーの登場で度肝を抜…続きを読む
サロメ
読み終えてからオーブリー・ビアズリーの作品を検索してみた。知っているものがいくつかあった。最初は不気…続きを読む
硝子の太陽N - ノワール
RからのN。Rの忘れかけてたシーンも読んでるうちに思い出してくる!同じシーンでも違う視点から見ると、…続きを読む
リバース
優柔不断と優しさは紙一重。友達との距離感も空気を読むのもすごく難しい。友達の事も案外知らない事が多い…続きを読む
ログイン新規登録(無料)