コンビニ人間のまーちゃんさんの感想

個性的とか、みんな違ってみんないいとか言うけど、どんな風に言い繕ってみても多数派は生き易く少数派は生き難い。恵子さんの感性に共感はしないが、彼女が「どうやら私の反応は人と違っておかしいらしい」と感じ、次第に話さなくなっていく処し方は理解できる。彼女は周囲から対外的なやり方を学び、自身のコアな部分を責めずに淡々と生きて行く。その様が不気味であり、羨ましくもある。白羽さんに何度も押し切られるところはイライラしたけど。「店長」がただの「人のオス」になっていく…分かる分かると頷く自分が、私はあまり好きではない。
★100 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

609冊/160946ページ/590レビュー

まーちゃんさんの最近の感想・レビュー

コクーン
この世を理に適うものとして理解したいという気持ちを、人は本能的に持っているのかもしれない。因果応報の…続きを読む
生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害 (朝日新書)
回避性パーソナリティ障害。うんうん、そやね。で?心理学や精神医学の用語は知らんけど、四半世紀以上やっ…続きを読む
1日が見えて ラクになる! 時間整理術!
コミック本。帯の「いつの間にか1日が終わってしまう人!必読!」に強く強く引かれて。断捨離的なことをや…続きを読む
白いしるし
溢れ出る夏目の制御不能な想いが「恋」ならば、私はそれを知らない、のだろう。まじまの絵を見た瞬間から、…続きを読む
殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)
本屋へ行くと手ぶらでは帰れないので、出来るだけ近付かないようにしている。滅多とないそんな日にこの本に…続きを読む
平等ゲーム
タイトルから連想したのは、ユートピアがディストピアに変貌する、破滅へと向かう物語だった。でも違った。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)