君の膵臓をたべたいのもんちさんの感想

はいはい、またありきたりな話でしょ、と思っていたが、結末がひねってあってちょっとビックリ……。一番印象に残ったのは、「残り時間の少ない彼女の明日は約束されていると思っていた」という台詞。ある意味、彼女の場合は病気だったからこそ死への準備が出来たのかもなぁ…。
★44 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

22冊/6719ページ

もんちさんの最近の感想・レビュー

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)
まんまと騙されたし、後半の部分とタイトルの意味は良かった。でも、ストーリーはそんなに惹かれるものでは…続きを読む
紙の月
読んでいて辛くなった。登場人物にイラつきつつも、自分も気付かずうちに一緒のようなことをしてしまうので…続きを読む
ハッピーエンドにさよならを (角川文庫)
初、歌原晶午さん。解説に、うまくいくと見せかけてハッピーエンドとあるけど、初めから不穏な雰囲気漂わせ…続きを読む
そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
外国の書籍は苦手意識があったが、これは読みやすくてめっちゃめっちゃ面白かった。犯人が誰か全くわからな…続きを読む
慟哭 (創元推理文庫)
前半は数日に別けてダラダラ読んでいたけど、後半は結末が気になって一気に読んでしまった。中盤辺りで犯人…続きを読む
贅肉 (中公文庫)
タイトルが珍しかったので、購入。小池真理子さんの短編集は他にも読んだことがあるが、これもとても面白か…続きを読む
ログイン新規登録(無料)