虹の歯ブラシ 上木らいち発散のドアさんの感想

前作に引き続きの奇想天外で突飛な発想。あの一作目のあとでは中々苦労したでしょうが、上手く一冊の本に仕上げたのは見事。しかしアイディア自体は割に面白いと思うのですが、それを上手く生かしきれなかった印象でした。前作同様の度肝を抜かれるような舞台設定に関しては、やはり賛否両論あると思うので置いておくとして、上木らいちというキャラを如何に魅力的に描けるかが本シリーズでは重視されるはずで、しかしその肝心のらいち、キャラがブレすぎてません?(後半のメタ部分は関係無しに)一篇だけを取り出してみても、言動に一貫性がない
★4 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

115冊/33677ページ/19

ドアさんの最近の感想・レビュー

結物語 (講談社BOX)
オフシーズン最終巻『結物語』。二十三歳になった阿良々木暦は大学を卒業し、新たな人生を歩み始める。全四…続きを読む
ありふれた職業で世界最強 5 (オーバーラップ文庫)
大好きなシリーズの新刊が出たのでわくわくしながら読んだのですけれど……あ…続きを読む
鬼の跫音 (角川文庫)
初の道尾秀介作品。ブックオフのミステリ特集で『奇想天外ミステリ』として取り上げられていたことから興味…続きを読む
○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)
第50回メフィスト賞作品。『孤島』『仮面の男』『館』等、古式ゆかしき本格ミステリをベースに、独特で奇…続きを読む
悲鳴伝 (講談社ノベルス)
二〇一七年最初の一冊、伝説シリーズの幕開け。テーマやキャラ、叙述手法や展開等、西尾維新らしさに溢れた…続きを読む
クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
戯言シリーズ第2弾、読了。エンタメ色の強いミステリー。ストーリーや構成は勿論のこと、キャラクターも主…続きを読む
ログイン新規登録(無料)