働く女子の運命 (のhiyuさんの感想

ワークライフバランスの定義一つだけでも、自分の無知というか、奥行きのなさに愕然としてしまう。テーマの内容だけでなく、雇用問題全体に言及しているのも秀逸であるし、本作の限界までしっかりと指摘してある。雇用という問題の解決は一筋縄ではいかないことは承知しているが、その処方箋は統一したものにはなりにくいだろうし、ジワリと浸透するのが一番良いのだろうか。強引ではあるが、タイトルを見ると著者は今後も暗澹たる状況が続くと考えているのだろうか。
★4 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

1461冊/426777ページ/男性

hiyuさんの最近の感想・レビュー

犯罪者 上 (角川文庫)
序盤はどことなく、遅々とした印象があったが、一気にスピードが増した感じ。主要人物を丁寧に描いている所…続きを読む
「おもてなし」という残酷社会: 過剰・感情労働とどう向き合うか (平凡社新書)
「おもてなし」、とは明らかに「サービス」とは異なるである。多分ホスピタリティの意味合いが強いのではな…続きを読む
深海のアトム 下 (角川文庫)
理解できないわけでもなく、納得できないわけではない。しかし、どことなくご都合的な点もあったような、ち…続きを読む
深海のアトム 上 (角川文庫)
設定自体は非常に興味深い。しかし、もう少し細やかな説明があってもよかったし、感情移入はしにくかった。…続きを読む
不運を幸運に変える力
前書きで十分という思いはある。枝葉末節でしかないのだが、帯の、人生は「何とかなる」ではなく、「何とか…続きを読む
組織も人も変わることができる!  なぜ部下とうまくいかないのか 「自他変革」の発達心理学
抽象的な結論になりやすいと感じるが故、コーチングについては情報量有りきと考えていた。しかし、本書を読…続きを読む
ログイン新規登録(無料)