コンビニ人間の行人さんの感想

自由に生きたいと考えるが、なんだかんだ世間の常識というものを意識せざるをえないのが人間という生き物だと思った。世間一般には普通でない主人公は、コンビニでマニュアル通り働くことで社会の歯車となり、自分の居場所を見つける。それも生きるための一つの方法なのかな、とも思う。読んでいて普段は意識しないコンビニ内の無数の音が聞こえてきた。
★48 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

119冊/34644ページ/14レビュー/男性

行人さんの最近の感想・レビュー

ひとり暮らし (新潮文庫)
日常の中で考えたこと、感じたことが飾ることなくありのままに綴られている。老いても生きることをとことん…続きを読む
死んでいない者
知らない親戚の集まりを覗いているうちに、自分もその中の誰かになったような気分になった。通夜のよくある…続きを読む
異類婚姻譚
夫婦の奇妙さを体験した気分。自分と相手との境界が曖昧になっていくのは、安心感もあると思うけど、どこか…続きを読む
失われた世界 (古典新訳文庫)
人類未踏の地の緻密な描写に引き込まれる。個性的なキャラクターばかりでハラハラも多いけど、不思議とバラ…続きを読む
人間椅子 (青空文庫POD)
ゾッとしてホッとして、読み返してまたゾッとした。続きを読む
ガープの世界〈下〉 (新潮文庫)
色んな人、出来事、感情が次から次へとやってくるけど、どこか滑稽で全て受け入れてしまう。物語の醍醐味が…続きを読む
ログイン新規登録(無料)