コンビニ人間の行人さんの感想

自由に生きたいと考えるが、なんだかんだ世間の常識というものを意識せざるをえないのが人間という生き物だと思った。世間一般には普通でない主人公は、コンビニでマニュアル通り働くことで社会の歯車となり、自分の居場所を見つける。それも生きるための一つの方法なのかな、とも思う。読んでいて普段は意識しないコンビニ内の無数の音が聞こえてきた。
★48 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

126冊/36655ページ/19レビュー/男性

行人さんの最近の感想・レビュー

ナポレオンの生涯 (「知の再発見」双書)
ナポレオンの生涯を、たくさんの資料を見ながら辿れた。続きを読む
学生との対話 (新潮文庫)
「本当にうまく質問することができたら、もう答えは要らないですよ。」なるほど。学生に対する応答のなかで…続きを読む
くじ (ハヤカワ・ミステリ文庫)
どの作品もじわりとくる不気味さが静かに漂っていた。特に「魔女」「背教者」「チャールズ」など、子供が出…続きを読む
われ笑う、ゆえにわれあり (文春文庫)
とにかく作者の屁理屈が続く。けれど、哲学者なだけあって、うまく論理的にみせる文章を書いていて思わずな…続きを読む
鼻/外套/査察官 (光文社古典新訳文庫)
『鼻』はありえないことが起こる話だったけど、不思議とモヤモヤは残らず、面白かった。勘違いによって人々…続きを読む
ひとり暮らし (新潮文庫)
日常の中で考えたこと、感じたことが飾ることなくありのままに綴られている。老いても生きることをとことん…続きを読む
ログイン新規登録(無料)