コンビニ人間のこめたさんの感想

模範から外れたものを排除しようとする社会の息苦しさに共感。これは、決して周りと違う感性を持った主人公が、一般的な「幸せ」を掴むために変わっていく物語ではない。結末も、至って彼女らしい。自分の思う幸せが相手にとっての幸せだと信じてやまない周囲の人々に嫌悪感を抱くとともに、自分も同じように生きているんだろうなと感じた。いい意味で後味が悪かった。
★54 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

4冊/1128ページ/女性

こめたさんの最近の感想・レビュー

きょうの日はさようなら (集英社オレンジ文庫)
表紙に惹かれ手に取った一冊。後日談が気になるけど、作中で物語の結末を自分で思い描く楽しみについて書か…続きを読む
ナイルパーチの女子会
大手商社勤務のエリートOL栄利子と人気ブロガーの翔子。 全く違う環境で育った2人が出会い、互いが互い…続きを読む
天国旅行 (新潮文庫)
『遺言』が印象的だった。死によって苦悩から逃れ愛を証明しようとするも死に損ねた2人。「きみ」の小言を…続きを読む
ログイン新規登録(無料)