iの陸奥☆独り旅さんの感想

主人公アイはシリア人。アメリカ人と日本人の両親の養子である。誰とも血縁のないこの状態が、アイの自分探しの重要な意味をもつ。両親や親友、恋人、夫、社会や世界と自分との関係、他者と両親、他者同士ーそこにLGBTなどの事情も含まれるーの中で、アイは繊細に物事を捉え、自分とは何かを追い求めていく。「この世界にアイは存在しません。」印象的なリフレインとともに、複雑で不確実なこの世界で、より神経質にヒトは成長せざるを得ないのだと、改めて考えさせられる。帯の煽り文句には共感しないけれど、読んでよかったと思える作品。
★26 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

510冊/156368ページ/男性/役員・管理職

陸奥☆独り旅さんの最近の感想・レビュー

暗闘
トランプ政権の誕生で、日本の「外交」にこれまでにない緊張が漂う。外務省は、トランプ大統領の誕生のリス…続きを読む
バブル:日本迷走の原点
これは面白いです。三光汽船に始まる様々な経済事件を、関係者の実名をあげて克明に記述していますが、表現…続きを読む
観光立国の正体 (新潮新書)
日本の観光の問題を「いいものをつくれば売れる(はず)」というプロダクトアウトからマーケットインへの転…続きを読む
生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
「長時間労働」の問題解決には正しいホワイトカラーの「生産性」の理解が必要と説く。前著「採用基準」と同…続きを読む
沈黙法廷
ただいまガッキー逃げ恥で脚光を浴びる家事代行(笑)。家事代行を個人で請け負う女性に、老人連続不審死の…続きを読む
蜜蜂と遠雷
とにかく、傑作。国際ピアノコンクールを舞台にした話ですが、一気に引き込まれ、貪り読みました。野生の天…続きを読む
ログイン新規登録(無料)