X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日のみささんの感想

今になってメリークリスマスです。去年から気になっていたクリスマスアンソロジーを手にしてみました。伊坂幸太郎が一番のヒット作品です。やっぱり伊坂。さすが伊坂。ハラハラの序盤と、得意技因果応報とほんの少しの奇跡。三浦しをんは大好きなのですが、短編はあまり得意ではないのかなあという印象。彼女は長編を書かせたほうが面白いかも。なので本作も長編で見てみたかったと思ったり。白河さん初読み。最後の最後が惜しかったけれど、伊坂さんの次に好きな作品でした。そそくさと去って後は想像におまかせさらっとラストのほうが私は好み。
★38 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

624冊/219340ページ/201レビュー/女性

みささんの最近の感想・レビュー

朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)
友人のおとうさんおすすめ5。いつも通り、さらさらっと一気読みする。本当に今野さんの本は1日あれば一冊…続きを読む
疑心―隠蔽捜査〈3〉 (新潮文庫)
友人のおとうさんのおすすめ4。竜崎恋をする。かわいすぎる。もうかわいすぎて竜崎をなでくりまわしたい!…続きを読む
ST 警視庁科学特捜班 エピソード1<新装版> (講談社文庫)
友人のおとうさんおすすめ3。なんか知ってるようなと思ったら藤原竜也でドラマ化されてましたね。登場人物…続きを読む
憑物 鬼龍光一シリーズ (角川文庫)
友人のお父さんおすすめ2。なんと、おすすめ1と2両方共に別々のシリーズ2作目という笑える展開。おとう…続きを読む
陽炎 (ハルキ文庫―東京湾臨海署安積班 (こ3-16))
友人のお父さんおすすめその1。読んだすぐから安曇さんの虜です。「こんな上司がいたらいいな」ナンバーワ…続きを読む
小暮写眞館IV: 鉄路の春 (新潮文庫nex)
34巻でぐっと面白くなりました。本人は特に意図せずにたくさんの人を救っていく主人公。ここぞというとき…続きを読む
ログイン新規登録(無料)