X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日のみささんの感想

今になってメリークリスマスです。去年から気になっていたクリスマスアンソロジーを手にしてみました。伊坂幸太郎が一番のヒット作品です。やっぱり伊坂。さすが伊坂。ハラハラの序盤と、得意技因果応報とほんの少しの奇跡。三浦しをんは大好きなのですが、短編はあまり得意ではないのかなあという印象。彼女は長編を書かせたほうが面白いかも。なので本作も長編で見てみたかったと思ったり。白河さん初読み。最後の最後が惜しかったけれど、伊坂さんの次に好きな作品でした。そそくさと去って後は想像におまかせさらっとラストのほうが私は好み。
★34 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

607冊/213263ページ/女性

みささんの最近の感想・レビュー

村上海賊の娘 下巻
実在する文献が所々に挟み込まれるので、史実とフィクションが分かりやすく読みやすかった。どうしても史実…続きを読む
インフェルノ (下) (海外文学)
や、やっと読み終わった。映画見たあとに読んだのですよ。唖然。茫然。えっ、こんなに原作を改稿してしまっ…続きを読む
政と源
三浦しをんのこのさっぱりとした文章形態が好き。おじいちゃんがこんなに元気だったらほんと素敵。素敵なお…続きを読む
インフェルノ (上)  (海外文学)
映画を見る為に友人に上巻だけ借りて一気読みして、下巻が手元にないというまさに「地獄(インフェルノ)」…続きを読む
MORSE〈下〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
映画化されてるんですね。ハリウッド版も気になるけど、「ぼくのエリ」はちょっと素敵なタイトル。上巻は翻…続きを読む
イグナシオ (角川文庫)
同僚に進められて。美しい青年が、孤独から逃げ出せずにもがき苦しむ話。孤児の孤独をとことん突き止めてい…続きを読む
ログイン新規登録(無料)