甘々と稲妻 8巻のtongariさんの感想

小学生編である。 登場人物がみんな、フロムの定義するところの愛ある関わりをしていてほっこりする。 それは、自分で自立しようとする子を支援する親の態度や、謝っても上手くいかないこともあることを予め伝えることとか、ダメでも受け止めてもらえる安心感とか。 読後感は、ジワーッとしたいい気分。これが幸福感か。
★13 - コメント(1) - 1月11日
ジャック
ナイスありがとうございます!
- 01/18 13:16


感想・レビュー投稿者

44冊/9711ページ/男性/34/技術系

tongariさんの最近の感想・レビュー

「会社四季報」業界地図 2017年版
ねほりんぱほりんの億り人の回で紹介されていて、興味がでて購入。面白い。業種とその説明、成長率、企業間…続きを読む
やわらかい。課長 起田総司(1) (モーニング KC)
素晴らしいファンタジー漫画。モテてぇな、という男の煩悩が実現した様子を、見事に漫画へ描き出している。…続きを読む
コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書 458)
コンテンツとは、現実に対する脳の中のイメージを表現したもの。なるほどなあ、と納得しながら読んだ。読み…続きを読む
ヤリへん 2 (ビッグコミックススペシャル)
表紙がホログラム加工で、カードダスのキラカードを思い起こさせてくれる。担当と作家の面白い作品を生み出…続きを読む
思考の整理学 (ちくま文庫)
前半は面白く読めたが、後半はなんだか退屈だった。共感したのは、新しいアイデアは、練られるまえに話すと…続きを読む
ブスの本懐
一文ごとにブスというデスワードを入れないとHPが減る呪いにかかっているかのようだが、傷つくどころか、…続きを読む
ログイン新規登録(無料)