X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日のみささんの感想

クリスマスの時期に読めなくて、季節外れだけど遅れて読んだ。やっぱり朝井さんと伊坂さんが書く話好きだなー。伊坂さん作品の、松田さんが良かったな。プラスドライバーも鉄板も必要なさそうなものが届いたのにあんな終わり方になるなんて。まさに、一年でいちばん奇跡が起きる日。あさのさんの作品は、世にも奇妙な物語みたいだった!
★48 - コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

70冊/21638ページ/女性

みささんの最近の感想・レビュー

ガール (講談社文庫)
女だったら誰もが共感できる主人公ばっかりで、すごく読みやすかった!聖子の夫のヒロくんが「全然いやじゃ…続きを読む
パンとスープとネコ日和 (ハルキ文庫 む 2-4)
最初から最後まで穏やかな空気がずっと流れてる。猫好きな人、飼ってる人、飼ってた人にはちょっと読むのが…続きを読む
とにかくうちに帰ります (新潮文庫)
何か大きな出来事が起こるわけではない。でもこういう淡々とした話、とても好き。津村さんの作品、初めて読…続きを読む
砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)
やっぱりあの絶叫がちょっと衝撃的で…いまいち玻璃が掴めなかった。清澄が何でそんなに玻璃…続きを読む
神様のケーキを頬ばるまで (光文社文庫)
なかなか読むのに時間がかかった。雑居ビルの中の人たちが絡み合って話が進むのかと思ったら思った以上に全…続きを読む
リケイ文芸同盟 (幻冬舎文庫)
文庫の表紙がかわいかったのと、お仕事小説ということで、手にとった。解説がとても良くて、この本1冊をす…続きを読む
ログイン新規登録(無料)