蜜蜂と遠雷のガクガクさんの感想

【第156回直木賞候補作を読む】2段組500ページの超大作。いずれ劣らぬ若手天才ピアニストたちが、スター登竜門として名高い「芳ヶ江国際ピアノコンクール」で繰り広げる華麗かつ熾烈な音楽の青春物語。小説の構成は単純明快。コンクールへのエントリー、第一次予選から第三次予選を経て本選までほぼ時系列で、主人公たちの過去と経歴、音楽に対する深い愛、コンクールへの思いや将来の夢までが丹念に語られる。全く音を出すことのできない文章で、彼らの超絶技巧や聴衆を魅了して止まない演奏をいかに表現できているかが本編の最大の魅力だ。
★277 - コメント(6) - 1月12日
いつでも母さん
ガクガクさん、おはようございます。今日はお休みですか?睡眠大丈夫でしょうか?(^^♪
★4 - 01/12 05:35

ガクガク
【追記】本編のメインの主人公は栄伝亜夜で、彼女に多大な影響を与える重要な役どころが風間塵だと思うが、個人的に一番好きなキャラは最年長コンテスタントであり、唯一「普通の人」に近い高島明石だ。こういう苦労人を、つい応援したくなるね。
★12 - 01/12 08:43

ガクガク
母さん、おはようございます。何とか頑張って読み終えました。残念ながら今日は仕事です。眠いです。この次は『十二人の死にたい子どもたち』にとりかかります。その後は『室町無頼』が待っておる!
★4 - 01/12 08:49

いつでも母さん
頑張るなぁ・・今回、私は一作品も読んでおりませぬ!って自慢してる(^O^)でもこれにはそそられています(^_^;)
★2 - 01/12 14:07

ガクガク
恩田さん、直木賞受賞おめでとうございます! 本当に最後まで感動の糸を切らさない素晴らしい作品です!
★2 - 01/19 22:28

いつでも母さん
ガクガクさん、読みましたよ~!さすがは田舎の図書館、すぐ借りることができました(^_^;)恩田さんからの『ギフト』でしたね!ピアノの森も読んでほしいです・・(^^♪
★1 - 01/29 08:15


感想・レビュー投稿者

629冊/173959ページ/629レビュー/男性/公務員

ガクガクさんの最近の感想・レビュー

ツバキ文具店
誰かに直筆の手紙を書きたくなった。読後にそう思う人も多いはずだ。鎌倉の山辺にひっそり立つ小さな一軒家…続きを読む
罪の声
【本屋大賞候補作を読む】塩田武士初読。戦後最大の企業恐喝事件かつ未解決の「グリコ・森永事件」に真正面…続きを読む
プリニウス 4 (バンチコミックス45プレミアム)
久しぶりのプリニウス。アッと言う間に気分は2000年前に。大地震に崩壊する建物、逃げ惑う人々・・・て…続きを読む
みかづき
【本屋大賞候補作を読む】昭和30年代後半から平成10年代に至るまでの「塾」の創生から成長、熾烈な競争…続きを読む
i(アイ)
i
【本屋大賞候補作を読む】『サラバ!』とは比較できないと思うが破壊力とスケールではやはり劣る。だが「自…続きを読む
ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)
【2017年2月読書会課題本】世界中で台頭するポピュリズム。よく耳にする言葉だがほとんど中味を理解し…続きを読む
ログイン新規登録(無料)