吾輩も猫であるのドロンコハリーさんの感想

作家陣に高校時代によく読んだ赤川次郎の名を見つけ懐かしさに飛びつく。全て猫が主役の猫目線のお話。赤川次郎はミステリーも交えておりやはり面白く最後は少し切ない。原田マハさんがパソコンの事を猫目線で「電気座布団」と表現しておりなるほどそう来たか凄い。猫はパソコンやってるとその上に乗って邪魔をするという猫あるあるがかまってほしいという他に電気座布団だからと変に納得。
★27 - コメント(0) - 1月11日

感想・レビュー投稿者

123冊/27400ページ/女性/事務系

ドロンコハリーさんの最近の感想・レビュー

本田宗一郎 100の言葉
【職場図書】自分の信念を持っている人の言葉は真っ直ぐで心にささる。やりたい事を追求し仕事も遊びも一所…続きを読む
結婚相手は抽選で
【図書館】垣谷さん3冊目。今回も面白かった。今の所3冊共いい感じ。国の少子化対策により25歳から35…続きを読む
谷川俊太郎質問箱 (Hobonichi books)
【図書館】この本はwebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載された谷川さんへの質問と回答と新たに書き下…続きを読む
疾風ロンド (実業之日本社文庫)
東野さんやっぱり面白い。著者自身がかなりボードにハマっているらしいので雪山の描写や滑っている表現が手…続きを読む
こだわりのブックカバーとしおりの本 (玄光社MOOK)
【図書館】ブックカバーとしおりが好きでちょうど良い本があったので早速借りてみたが手元に置いておきたい…続きを読む
目でみる漢字
【図書館】おかべさん6冊目。今回も写真と解説でわかり易い。今回は漢字についての疑問や似ている漢字など…続きを読む
ログイン新規登録(無料)