ぼくは明日、昨日のきみとデートするのゆうさんの感想

ほぼ地元の地名がたくさん出てきて親しみがわいた作品です(笑) パラレルワールド。。でもない、時間軸の接点もあるなかでの二人の出逢い。 現実感がないので、感情を移入しずらいですけど。 恋愛ってやっぱり素敵だなって思いました。
★30 - コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

6冊/1631ページ/男性

ゆうさんの最近の感想・レビュー

小説 秒速5センチメートル (角川文庫)
生きてく中で誰もが味わう甘酸っぱい初恋の話と、その後の主人公の彼の人生を描いた作品です。 貴樹と明里…続きを読む
小説 君の名は。 (角川文庫)
映画は見てませんが、楽しく読めました。作者が後書きで述べてるように映像ありきの話に思いました。運命の…続きを読む
ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)
物を考える程命が縮まるとか現実にはないし、彼女の病気から、 最後の時までの過程があまり描かれてなく話…続きを読む
MOMENT (集英社文庫)
立つ鳥跡を濁さず、何て言葉がありますが、引き際の美しさを説くのが、未だに美徳や常識と、されがちで、僕…続きを読む
新フォーチュン・クエストII (7) エルフの里 蒼の樹冠 (電撃文庫)
中学の時に、表紙のパステルの可愛さに、やられて買いました(笑)それ以来20年以上いまだにつづく長寿作…続きを読む
ログイン新規登録(無料)