そして誰もいなくなったのカクテキさんの感想

NHKで放送された英国ドラマ(3話)を見てから読みました。元判事の「正義」、本のほうがより怖かったです。最初の若者の死を清々しくさえ感じたのは、あながち間違いでもなかったことにも驚きました。
★4 - コメント(0) - 1月9日

感想・レビュー投稿者

1257冊/341875ページ/女性

カクテキさんの最近の感想・レビュー

ルーフォック・オルメスの冒険 (創元推理文庫)
バカバカしくて最高!へんてこすぎて楽しすぎ。スペクトラとの闘いでは、スペクトラを応援したくなっちゃう…続きを読む
バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで (文春文庫)
「音楽性の違い」には、多くの物語があるのだなと感じられます。そして、ちょっと読みにくいところがあると…続きを読む
独女日記3 食べて、忘れて、散歩して
ホントにこの人は、犬バカである。犬と暮らしてる人はみんなそうだけど。はなちゃんとふたりであっち行った…続きを読む
ミルク殺人と憂鬱な夏──中年警部クルフティンガー (ハヤカワ・ミステリ文庫)
表紙が気に入って読みました。こんなシーンはなかったけれど、警部の人柄が魅力的です。シリーズの続刊を期…続きを読む
声
心にささる、いくつもの家族の形があります。続きを読む
芸能人寛容論: テレビの中のわだかまり
帯にある「ネチャネチャと噛みきらずに~」がぴったりです。噛んでるうちにあっちこっちいくのもいい感じで…続きを読む
ログイン新規登録(無料)