きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのかめゆき3さんの感想

描写がかなり気持ち悪い。 映像化はできない作品だと思う。 できることなら、最後は救われた気持ちになりたかったけど、これはホラー。 ん〜、でも、出口のない暮らしの中で、これも救いなのかもしれない。
★6 - コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

51冊/18007ページ/37レビュー/女性

かめゆき3さんの最近の感想・レビュー

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)
ホラーだと思っていたのですが、全然違いました。風わいわいというネーミングが面白い(笑)人は誰でも誰か…続きを読む
服を捨てると幸せが見つかる 毎日が心地よく変わる「片づけ」レッスン
服を捨てることで、そんなふうに、なんでもうまく行くようになるのかな…(笑) でも、服…続きを読む
ぶらんこ乗り (新潮文庫)
切なくて、読むのが辛かった続きを読む
本日は、お日柄もよく (徳間文庫)
感動した。優しい言葉の数々に。背中を押されたというより、私も背中をそっと三度、叩いてもらった感じがし…続きを読む
星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)
短編集ですが読んでいる方の年齢によって響くお話が違うと思います。 私には、長良川と沈下橋がたまらなく…続きを読む
螢 (幻冬舎文庫)
すごく読みにくい。というのが1番の感想でした。 文章の好き嫌いはどんな人にもあると思うけど、私には苦…続きを読む
ログイン新規登録(無料)