きみといたい、朽ち果てるまで ~絶望の街イタギリにてのかめゆき3さんの感想

描写がかなり気持ち悪い。 映像化はできない作品だと思う。 できることなら、最後は救われた気持ちになりたかったけど、これはホラー。 ん〜、でも、出口のない暮らしの中で、これも救いなのかもしれない。
★3 - コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

40冊/14237ページ/26レビュー/女性

かめゆき3さんの最近の感想・レビュー

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
映画のコマーシャルを視て、気になっていた1冊。 梶尾真司さんに雰囲気(作風)が似ている。 悲しいけど…続きを読む
私の本棚 (新潮文庫)
皆さんの本への想い、本との格闘が、素敵で、気付くとずっと微笑んでました。 私も可動式の本棚欲しいなぁ…続きを読む
きつねのはなし (新潮文庫)
ひとつひとつの話が絡みあってて、今ひとつすっきりしない…。 不気味。只々不気味。続きを読む
怒り(上) (中公文庫)
映画館で、たまたま予告を見てから、気になってました。映画の予告のイメージとはちょっと違ったかな。期待…続きを読む
なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?
期待したほどわかり易くなくて、残念。続きを読む
ログイン新規登録(無料)