ぼくは明日、昨日のきみとデートするのれいぽんさんの感想

読み始めてからよくある時空ものかなあと予想しつつ、前半がにやけるほどにラブラブっぷりだったので後に何が控えているのか少しドキドキしながら一気に読んだ。現在いる世界とベクトルの違う隣の世界っていう設定がちょっと意外で面白いと思う反面、感情移入すればするほど切なかった。若い世代に読めばさらに泣けたのでは。こういうタイプの実写化は期待はずれに終わることが多いのであまり観ないがこの映画は、原作読んでこそという評判なので観てみたいなぁ。
★28 - コメント(1) - 1月12日
flying frog
映画、良かったですよ。原作のツボをよ~く分かってらっしゃる、という感じでしたww ぜひぜひ
★2 - 01/12 14:37


感想・レビュー投稿者

40冊/14509ページ/女性

れいぽんさんの最近の感想・レビュー

ナラタージュ
教師と元教え子の恋愛譚。文体が丁寧で心理描写もすごく繊細。特にラストのシーンの描写が美しすぎてとても…続きを読む
ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
小学四年生のアオヤマ君とふしぎなお姉さんの物語。アオヤマ君がとにかく賢い。賢くて哲学者のようで研究者…続きを読む
カラフル (文春文庫)
児童コーナーで出会って一気に読了。最初児童コーナーでいいのかなと感じるところもあったけどやっぱり児童…続きを読む
こちらあみ子
今村さん初読みでした。さらさら読めるのに結構な衝撃とそして強烈な余韻を残す作品。表題作ともう1つのピ…続きを読む
蜜蜂と遠雷
ここまで音楽を多彩な言葉で言語化された作品に初めて出会った。それぞれの楽曲の解釈についての描写も素晴…続きを読む
風が強く吹いている
箱根駅伝を目指す学生たちの青春物語。走ることの意味とは…「速く」ではなく「強く」走るこ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)