ぼくは明日、昨日のきみとデートするのれいぽんさんの感想

読み始めてからよくある時空ものかなあと予想しつつ、前半がにやけるほどにラブラブっぷりだったので後に何が控えているのか少しドキドキしながら一気に読んだ。現在いる世界とベクトルの違う隣の世界っていう設定がちょっと意外で面白いと思う反面、感情移入すればするほど切なかった。若い世代に読めばさらに泣けたのでは。こういうタイプの実写化は期待はずれに終わることが多いのであまり観ないがこの映画は、原作読んでこそという評判なので観てみたいなぁ。
★33 - コメント(1) - 1月12日
flying frog
映画、良かったですよ。原作のツボをよ~く分かってらっしゃる、という感じでしたww ぜひぜひ
★2 - 01/12 14:37


感想・レビュー投稿者

49冊/17508ページ/49レビュー

れいぽんさんの最近の感想・レビュー

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)
言葉が持つ力やその無限の可能性をひしひしと感じられる作品。言葉によって人の心を動かし、勇気づけ、鼓舞…続きを読む
眠れるラプンツェル (幻冬舎文庫)
専業主婦と隣の男の子というちょっとあり得ない設定の恋愛小説。いやこれを恋愛小説と括ってしまうのはちょ…続きを読む
マイ国家 (新潮文庫)
とてもとても久しぶりに読んだ星さんのショートショート。ラストにクスッとなるところが懐かしい。 最も短…続きを読む
マチネの終わりに
とても上質な大人の恋愛小説だった。恋愛小説と一言で言ってしまうのもちょっと躊躇するほどに。最初の方は…続きを読む
13階段 (講談社文庫)
久しぶりの本格ミステリー。序盤はちょこちょこ視点も変わっていくので客観視して読んでいたが、それ故ミス…続きを読む
西の魔女が死んだ (新潮文庫)
‪薄めの本だしさらっと読もうと思って完全に侮った。生きるためのヒントや大切なことが散りばめられていて…続きを読む
ログイン新規登録(無料)