ハリネズミ乙女、はじめての恋のJun Yamanoueさんの感想

お婆ちゃんもお母さんも芸人で、子どもの頃からからかわれる事が多かったコノカ。そんな時必ず助けてくれたカッコよくて頭の良い兄までが漫才師になってしまった。 お笑い一家の娘と言われる事が嫌で東京に上京するも、世間知らずで鈍臭いコノカは居酒屋のバイトもクビになり、途方にくれながら立ち寄ったペットショップで、大阪弁をしゃべるハリネズミと出会う。そして彼女の人生を大きく変えて行く。 いやもう読み出したら止まりません!頭の回転の良い、大阪弁でしゃべるハリネズミ…私も欲しいですっ‼︎
★1 - コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

122冊/32738ページ/83レビュー/女性/販売系

Jun Yamanoueさんの最近の感想・レビュー

そういう生き物
千景とまゆ子。社会人になってから再会した高校の同級生。なんとなく勢いで一緒に暮らすことに。 女同士な…続きを読む
自由なサメと人間たちの夢
著者らしい、ちょっとダークな短編集。 死にたがる病で精神病院に入院中の女子、義手をパワーアップして強…続きを読む
恐怖小説 キリカ
今年初めて読了した本がこれって…。ちょっと頭の中クラクラしてます。 主人公はこの小説の…続きを読む
夫のちんぽが入らない
何というタイトルを付けるんだ。これでは買いたくても買えないじゃないか。散々版元さんに文句を言った。し…続きを読む
喧嘩
試写会で「破門」を観たので、思いっきりシリーズの途中だけど読んでみた。まさに破門の続きで、めっちゃ面…続きを読む
キネマの神様 (文春文庫)
私が17年勤めた会社に辞表を出した日、79歳の父が軽い心筋梗塞で入院した。少しでも金が入るとギャンブ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)