ハリネズミ乙女、はじめての恋のJun Yamanoueさんの感想

お婆ちゃんもお母さんも芸人で、子どもの頃からからかわれる事が多かったコノカ。そんな時必ず助けてくれたカッコよくて頭の良い兄までが漫才師になってしまった。 お笑い一家の娘と言われる事が嫌で東京に上京するも、世間知らずで鈍臭いコノカは居酒屋のバイトもクビになり、途方にくれながら立ち寄ったペットショップで、大阪弁をしゃべるハリネズミと出会う。そして彼女の人生を大きく変えて行く。 いやもう読み出したら止まりません!頭の回転の良い、大阪弁でしゃべるハリネズミ…私も欲しいですっ‼︎
★5 - コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

136冊/36444ページ/女性/販売系

Jun Yamanoueさんの最近の感想・レビュー

新潮 2017年 04月号
又吉直樹著『劇場』読了。 めっちゃ時間が掛かってしまった。こんなに恋愛要素の稀有な恋愛小説ってある?…続きを読む
やめるときも、すこやかなるときも
実家の家計を助けないといけない青春時代を過ごしたこともあって、32年間男性経験も無く、男性からは重い…続きを読む
か「」く「」し「」ご「」と「
住野よるさんらしい青春小説。今までの作品の中では一番普通の日常を描いてる。男子2人と女子3人それぞれ…続きを読む
蜜蜂と遠雷
日本で開催されるクラシックピアノの国際コンクールのお話。 ほぼエリートコースを歩み、名実共に実力者で…続きを読む
みかづき
昭和36年、教師になりたかったが家庭の事情で勉強を続けられなかった吾郎は、小学校で住み込みの用務員を…続きを読む
暗幕のゲルニカ
1930年代のパリでは、祖国スペインのゲルニカが空爆されたことへの憤怒をピカソはキャンバスに描いた。…続きを読む
ログイン新規登録(無料)