ハリネズミ乙女、はじめての恋のJun Yamanoueさんの感想

お婆ちゃんもお母さんも芸人で、子どもの頃からからかわれる事が多かったコノカ。そんな時必ず助けてくれたカッコよくて頭の良い兄までが漫才師になってしまった。 お笑い一家の娘と言われる事が嫌で東京に上京するも、世間知らずで鈍臭いコノカは居酒屋のバイトもクビになり、途方にくれながら立ち寄ったペットショップで、大阪弁をしゃべるハリネズミと出会う。そして彼女の人生を大きく変えて行く。 いやもう読み出したら止まりません!頭の回転の良い、大阪弁でしゃべるハリネズミ…私も欲しいですっ‼︎
★5 - コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

131冊/34897ページ/女性/販売系

Jun Yamanoueさんの最近の感想・レビュー

暗幕のゲルニカ
1930年代のパリでは、祖国スペインのゲルニカが空爆されたことへの憤怒をピカソはキャンバスに描いた。…続きを読む
ツバキ文具店
鎌倉の山手の日本家屋の一階でひっそりと営業しているツバキ文具店の店主・鳩子。祖母である先代に厳しく育…続きを読む
夜行
ホラーなのか?と一瞬思ったりもしましたが。 森見さんらしい摩訶不思議な世界観。 過去と未来がこんが…続きを読む
コーヒーが冷めないうちに
ある喫茶店のある席に座ると、コーヒーが冷めるまでの間だけ、過去や未来に戻れる…と言う不…続きを読む
コンビニ人間
主人公の恵子は子供の頃から他とは思考回路が違った。小鳥の死骸を見ても、他の子供たちの様に悲しむ事は無…続きを読む
あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)
奉公に出された1人の少女の成長の物語。 モノを売ることとは何か、商売とは何か、読むたびに背筋が伸びる…続きを読む
ログイン新規登録(無料)