労働時間革命 残業削減で業績向上! その仕組みが分かるのKoichiro Minematsuさんの感想

残業時間、労働時間の削減の方が、成果が出る。職員のモチベーションアップにもなり、ワークライフバランスこそが、組織を活性化する。本著でも紹介された年齢層によるピラミッドを、作成してみた。ここ5年間の自社の人の動きが可視化できたのは、課題が明白になった。
★14 - コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

659冊/164389ページ/男性/50/事務系

Koichiro Minematsuさんの最近の感想・レビュー

夜間飛行 (新潮文庫)
星の王子様とは真逆のサン=テグジュペリの生き方が、主人公を通して感じた。強い意志と仕事への情熱。今だ…続きを読む
許されようとは思いません
何気ない生活のなかに知らず知らずの間に潜む人の内面の脆さが、側に近い人を殺めてしまうという5話のスト…続きを読む
LOVE&SYSTEMS
国の人口減少と経済力向上のために、各国が働き方や婚姻のシステムを変えた。小説ではあるがそんな近未来の…続きを読む
アドラー心理学による教育―子どもを勇気づけるポジティブ・ディシプリン
現代の学校教育は、教える側、学ぶ側という二極構造が強い傾向にあるように思う。もともと子供は親や周りを…続きを読む
美しい距離
死が身内に現実になった時に、本人の内面にふれることのできることが、自分にできるんだろうかと考えさせら…続きを読む
ハヤブサが守る家 (海外文学セレクション)
奇妙な小説のリアル感は、著者の描写のうまさと、本著の所々にある写真がリアルを増す。トラベル好きである…続きを読む
ログイン新規登録(無料)