アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術のセラさんの感想

kindleオーナーライブラリ。アウトライナーと分類されるソフトを使って主に文章の組み立てや柔軟な思考を助けようという話。アウトライン(1項目)を目次というよりは断片的なフレーズや書きかけの文章として捉えている。ガンガン書き、一息ついたところで階層化したりまとめたりタイトルを付けたりする「シェイク」という工程が非常に大事。具体的なツールの紹介、使い方も述べており作業がイメージしやすかった。
- コメント(0) - 1月12日

感想・レビュー投稿者

374冊/105404ページ/男性/大学生・院生

セラさんの最近の感想・レビュー

遊ぶ奴ほどよくデキる (小学館文庫)
(kindle版)オンとオフをしっかり切り替えて頑張りましょうというその辺のオッサンが飲み屋で語って…続きを読む
勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
(kindle版)梅原さんの経験を元に、彼なりの生き方に対するスタンスをまとめた本になっていると思う…続きを読む
会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)
著者が12回の転職経験をもとに、仕事人生をより良くしていくための転職への考え方を示している。転職をす…続きを読む
LIVE FOREVER-NANA MIZUKI LIVE DOCUMENT BOOK-【特別限定版】 特典:生写真3枚セット
ちょうど追い始めたのがUNIONぐらいだったので、その前の話といい、ライブがどう変わってきたかなども…続きを読む
キノの旅 (19) the Beautiful World (電撃文庫)
捨てる国はいつもの師匠って感じで好きだ。見た目悪いことしながら実は良いことになってるみたいなやつ。幸…続きを読む
キノの旅 (18) the Beautiful World (電撃文庫)
スポーツの国も遺産の国も示唆に富んでいていいですね。税金の国もめっちゃ好きです。復讐の国も完全に期待…続きを読む
ログイン新規登録(無料)