聖なる怠け者の冒険のらるさんの感想

ページのボリュームはあるが,中身のボリュームは無い.それを分かっているのに何故か読んでしまう.森見さんの本は不思議.
★6 - コメント(0) - 1月13日

感想・レビュー投稿者

135冊/44645ページ/45レビュー/男性/大学生・院生

らるさんの最近の感想・レビュー

怒り(下) (中公文庫)
うーん、個人的にはいまいちだった。特に何も起こらずに、気がついたら読み終わっていた感じ。こういった本…続きを読む
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)
タイトルからその内容を予想しようとしていたけど、真相を知るまで分からなかった。読了感は、せつないの一…続きを読む
きまぐれロボット (角川文庫)
一気に6冊購入した星新一さんの本の最後を飾ったのがこれ。これまでのものとは若干テイストが違っていたよ…続きを読む
ようこそ地球さん (新潮文庫)
すべての話がおもしろかったが、その中でも特に、愛の鍵が好きだった。続きを読む
ノックの音が (新潮文庫)
飽きずに読める。本当におもしろい。続きを読む
未来いそっぷ (新潮文庫)
悪魔のいる天国からのこれ.よくこんなにお話のアイディアが思いつくなと思いながら読んでいた.続きを読む
ログイン新規登録(無料)