あこがれのうめみさんの感想

小学6年生の麦くんとヘガティーのお話。前編は麦くんメインで、スーパーの片隅にあるサンドウィッチ屋さんで働くミス・サンドウィッチへの想い。後編はヘガティーメインで、突然知ってしまった父の前妻と姉の存在への想い。それぞれに対して「あこがれ」を抱いて、成長していくお話。1人じゃないからこその前進がたくさんあって、友達っていいよなぁと改めて感じる1冊。アルパチーノ。
★10 - コメント(0) - 1月17日

感想・レビュー投稿者

203冊/71468ページ/女性/22/大学生・院生

うめみさんの最近の感想・レビュー

D列車でいこう (徳間文庫)
廃業寸前の「山花鉄道」を赤の他人が再建する不思議なお話。予算は2億円。いろんな手段を使って乗客数を増…続きを読む
また、同じ夢を見ていた
私にとっての「しあわせ」を考えさせられる一冊。個性的な登場人物との会話の中で「人生とは、~」のフレー…続きを読む
ずうのめ人形
所謂ホラーというジャンル(?)を読むのは久しぶりだった。 ずうのめ人形の話を聞くと4日後に死ぬ、とい…続きを読む
武道館
アイドルってすごい。そう思った1冊。実際は同じ女の子なのに、一般人とはかけ離れた存在感、自信を感じさ…続きを読む
天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)
鷹央の天才っぷりがすごい。超人的な洞察力を駆使して診断をしていくのだけれど、あまりにもぽんぽんと解決…続きを読む
本日は、お日柄もよく (徳間文庫)
今まで形式ばった挨拶だと思っていたもの、通り過ぎた選挙の辻立ち、たくさんあるスピーチにどれほどの想い…続きを読む
ログイン新規登録(無料)