虹の歯ブラシ 上木らいち発散のすぐさんの感想

予想の斜め上を涼しい顔して走り去られた感覚。突飛というか破天荒というか、前作以上に破茶滅茶です!笑 WEB上で見つけたレビューでの一文がしっくり来たので、引用させていただきます。「あたかも才気と引き換えに品性を悪魔に売り渡してしまったような作品であり、いっそミステリー史上最も下品な小説という尊称すら奉りたくなってくるほどだ」一概に人に勧められない作品ではありますが前作が肌に合った人は手に取ってもいいかもしれません。なんだかんだ3作目の"誰も僕を裁けない"も読みたいですね。
★64 - コメント(0) - 1月18日

感想・レビュー投稿者

195冊/71424ページ/170レビュー/28/専門職

すぐさんの最近の感想・レビュー

夜行
‪大好きな恒川光太郎さんを彷彿とさせるジャンルの物語。寂しさや夜の闇等の表現、比喩に光るものが多々あ…続きを読む
好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)
早くも再読してました。物語は、智依子/柿緒Ⅰ/佐々木妙子/柿緒Ⅱ/ニオモ/柿緒Ⅲ、の6つの作品から成…続きを読む
時をかけるゆとり (文春文庫)
時折フフッと声を漏らしながら読んじゃいました。笑 どの話も読後は晴れやかな気持ちにさせてくれます。‬…続きを読む
パプリカ (新潮文庫)
‪勧められた通り映画を観てから読みましたが読んで納得。これ、最初に小説を読んでたら、きっとついて行け…続きを読む
終末のフール (集英社文庫)
約1年8ヶ月ぶりの再読。伊坂さんの中でも好きな作品の上位に食い込む今作。まず設定が絶妙で素晴らしい。…続きを読む
とりつくしま (ちくま文庫)
‪未練があって死んだ人が、モノにとりつき、生きてる人をただ見守る話。‬とりつくと言っても光に溢れてい…続きを読む
ログイン新規登録(無料)