凶器は壊れた黒の叫びの星野流人(ほしの)さんの感想

階段島シリーズの根幹、魔女にまつわる物語。クリスマスの通販の件など、今までのシリーズ中の謎をきれいに繋ぎ合わせて、魔女という存在について深く掘り下げた一冊。物語の根幹を描いているだけのことはあり、読んでてすごい惹き込まれました。
★16 - コメント(0) - 1月20日

感想・レビュー投稿者

2045冊/472571ページ/男性/技術系

星野流人(ほしの)さんの最近の感想・レビュー

女主任・岸見栄子 1巻 (バンブーコミックス)
取引先との仕事を取り付けるため体を張る女主任の話。読み始めていきなり見開きで半裸の見栄子&helli…続きを読む
だがしかし 7 (少年サンデーコミックス)
書店でこの表紙を見ただけでびびっと来たよね。眼鏡! ちょっと気の抜けた表情! ぼさぼさ髪! 適度な胸…続きを読む
通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? (ファンタジア文庫)
母親同伴の冒険譚、という発想の時点である程度勝ったようなものなんでしょうけど…&hel…続きを読む
魔界探偵 冥王星O ジャンクションのJ (講談社ノベルス)
様々な冥王星Oたちの、様々な物語。今までの冥王星Oとは一線を画すスタイルの、特殊な設定による短編集み…続きを読む
やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)
とある飛空士シリーズの犬村さんの新作……でしたが、積んでる間に普通に続刊…続きを読む
ガールズ&パンツァー 戦車道ノススメ 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
バカヤロー! 今ならガルパンの漫画なら何出したって売れると思ってんだろ!そんな見え透いた商売に、今更…続きを読む
ログイン新規登録(無料)