あこがれののあさんの感想

まるで海外のお話のような雰囲気があるけれど、日本の小学生の可愛さと純粋さが素敵な話でした。川上さんは「すべて真夜中の恋人たち」を読んだことがあって、そちらは読み終わったあとになんとも言えない気持ちになったけれど今回はとてもほっこりした気持ちで読み終えました。「会いたい時にはもういなくなったりするんだよ。人ってものすごく簡単に。」というのを4年生で言えるヘガティーはすごいし、理解できる麦くんもすごい。私は小学生の頃わかっていなかった気が…。
★11 - コメント(0) - 1月20日

感想・レビュー投稿者

138冊/36790ページ/女性/22/大学生・院生

のあさんの最近の感想・レビュー

腐女子のつづ井さん (MF comicessay)
あーーー面白かったーーーー!ジャンルは違えどオタクってやっぱり楽しくて良いよね最高ハッピーーー☆って…続きを読む
舞台 (講談社文庫)
単行本も持っているけれど、文庫も購入。再読だけど、文庫で改めて登録しておく。再読なので、これから起こ…続きを読む
女生徒 (角川文庫)
ずっと「女生徒」を読みたいと思っていて、ようやく読めました。女の子から女性になるちょうど間の時期の可…続きを読む
ハッピーノート (福音館創作童話シリーズ)
数年ぶりに再読。文庫版が出ていたのを知らなかったので見つけた瞬間に嬉しすぎて買ってしまった。小学生の…続きを読む
星がひとつほしいとの祈り (実業之日本社文庫)
本屋さんでなんとなく惹かれて購入した本。「夜明けまで」「星がひとつほしいとの祈り」「長良川」が好きで…続きを読む
窓の魚 (新潮文庫)
西さんの本を数冊読んできて、でもこれは今までのとは違った感じがして新鮮というかなんというか。一度読ん…続きを読む
ログイン新規登録(無料)