働く女子の運命 (のDSCHさんの感想

女性の活躍を阻害する要因や働きにくさについて日本型雇用システムの観点から労働史、賃金論、労働法政策と関連付けて考察されている。ジェンダーの視点というより高齢者や若者の雇用問題とも関係のある雇用システムの問題として女性労働を取り扱っていて説得力がある。現代日本の労働問題は賃金制度と切り離せないので、生活給思想、職務給の導入と挫折、日本的経営賛美と知的熟練等を取り扱った第二章は本書において女性と直接関係が薄いようで実は最も重要な点だと感じた。機会があれば濱口先生の講演や講義を聞いてみたい。
★4 - コメント(0) - 1月21日

感想・レビュー投稿者

375冊/100024ページ/240レビュー/男性

DSCHさんの最近の感想・レビュー

年収は「住むところ」で決まる  雇用とイノベーションの都市経済学
都市経済学や労働経済学の研究成果をもとにイノベーション産業の勃興と雇用、都市の発展を中心に幅広い視点…続きを読む
ロシア革命――破局の8か月 (岩波新書)
二月革命から十月革命に至る過程をボリシェヴィキの視点ではなく臨時政府側の視点で描写した歴史。貴族やエ…続きを読む
日本企業のコーポレートファイナンス
コーポレートファイナンスの理論と実務の架け橋になる本。日本企業の公開資料や財務担当者へのインタビュー…続きを読む
堤清二 罪と業 最後の「告白」
本題とはあまり関係ないけど、コーポレート・ガバナンスという言葉も存在しないかのような時代の上場企業の…続きを読む
ベーシック会社法入門<第7版> (日経文庫)
会社法の概要について噛み砕いて解説されている。判例については各自で百選等で確認せよということだが、か…続きを読む
不道徳教育講座 (角川文庫)
気軽に読めるエッセイだが行間から本音と皮肉が見え隠れし人間性を感じられる作品だった。続きを読む
ログイン新規登録(無料)