あこがれのH Sさんの感想

H S
初川上未映子作品。主人公である2人の小学生の感性がピュアで初々しくて、自分の心も透明にして読まないと感じられない本。色々あるけれど、最後に一歩前へ進む感じが好き。川上さんは僕と同い年で同じ大阪生まれ。川上さんの小学生時代はこういう世界が見えていたのかなと感じる。僕の見ていた世界とは違うよね、やっぱり。
★4 - コメント(0) - 1月23日

感想・レビュー投稿者

H S
75冊/22229ページ/男性

H Sさんの最近の感想・レビュー

青い鳥 (新潮文庫)
この物語の主人公は雄弁に語らないし、縦横無尽に活躍することもない。言葉少なに本当に大切なことを言い、…続きを読む
サブマリン
陣内のキャラが会話劇の名手伊坂幸太朗とあいまって最高の掛け合い。ただ、楽しいだけじゃないのが伊坂幸太…続きを読む
伝え方が9割 2
こういうテクニックも知っておいて損はないかなという感じ。「すごい!すごい!この本を読んでなかったこれ…続きを読む
きよしこ (新潮文庫)
吃音をもつ少年の、切なくて、寂しくて、悲しくて、ちょっと心温まる物語。転校という場面転換をうまく使っ…続きを読む
プラチナエンド 1 (ジャンプコミックス)
「やっぱり 大場つぐみって・・・面白!!・・・」と思うのだけど、どうしてもデスノートとオーバーラップ…続きを読む
アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
さすが伊坂幸太郎の魅力的なキャラ、見事な伏線回収と会話劇。ただ、読後感がせつない。物語が終わってしま…続きを読む
ログイン新規登録(無料)