探偵の探偵3の良さんさんの感想

玲奈にとって、妹の敵を倒したのだが、何だかすっきりしない結末である。一番信頼していた琴葉が今度は敵になりそうな気配だ。どう転がっても玲奈に安息の日々はない。【心に残った言葉】琴葉に心を許し、記憶の中の咲良はいつしか消えていった。琴葉と分かれたいま、わたしは初めてひとりになった(296頁)
★7 - コメント(0) - 1月23日

感想・レビュー投稿者

414冊/116133ページ/男性

良さんさんの最近の感想・レビュー

新聞大学
高齢者向けのリベラルアーツの勧めという意味で新聞は有力なツールであると思った。特に興味の湧かない分野…続きを読む
2020年からの教師問題 (ベスト新書)
筆者は「理想の教師像はプロデューサー」というが、私はメンター(すぐれた指導者、助言者)であり、ファッ…続きを読む
俳句世がたり (岩波新書)
大災害の後は世相が大きく揺れ動く。それを映し出した俳句を味わう。こんなふうに日記風に俳句をひねってみ…続きを読む
秋思ノ人-居眠り磐音江戸双紙(39) (双葉文庫)
「山流し」に遭った速水左近も奏者番として江戸に復帰する。田沼意次への反撃の狼煙が静かに上がる。 【心…続きを読む
議論を逃げるな――教育とは日本語――
「アクティブ・ラーニング」なる語は、スローガン的でどこか胡散臭いものを感じていたが、どう論破すべきか…続きを読む
本物のおとな論 人生を豊かにする作法
大人をさまざまな角度から分析・定義する。私は「真似でなく、自分の頭で考えるのが大人である」がちょっと…続きを読む
ログイン新規登録(無料)