記憶の海 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season 7巻のまつげさんの感想

『おいしいコーヒーのいれ方』Second Season Ⅶ。勝利のいるウルルとは地球の反対側、日本での様子が丈目線で語られる、いわゆるスピンオフ。二人にとっての大切な場所で、かれんが泣く場面ではもちろんだけど、彼女が泣き出すまでのほうがもっと泣けた。きちんと笑えているつもりでいるかれんを見ていると、こちらがつらくなってくる。勝利には勝利の考えがあって、彼は彼なりにめちゃくちゃ苦しんでいるのは分かっていても、自己防衛だ!偽善者だ!と思う気持ちもある。1日でも早く、何もかもが元に戻ることを祈るのみです。
★7 - コメント(0) - 1月26日

感想・レビュー投稿者

154冊/50421ページ/女性/21/大学生・院生

まつげさんの最近の感想・レビュー

ドミノ (角川文庫)
恩田陸さん2作目。まだ、たったの2作品しか読んだことないのにこんなこと言うのもおこがましいのですが、…続きを読む
アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
書店が恩田陸さんと森絵都さんパラダイスと化していました。これはタイトルが可愛かったのと、表紙が好きだ…続きを読む
エイジハラスメント (幻冬舎文庫)
内館牧子さん初読み。お名前を聞いたのすら初めてだったのであんまり期待してなかったのですが、起承転結の…続きを読む
火花
「やっと読んだの!?」と思われても仕方ないと思えるほどに、本当にやっと、ようやく読むことができました…続きを読む
チョコレートコスモス (角川文庫)
世の中にこんな小説があっていいものか。550ページを超える長編だとはとても思えないようなスピード感。…続きを読む
植物図鑑 (幻冬舎文庫)
知人から「映画で観たんだけど、よく意味が分からなかったから解説してほしい」と言われたので、映画ではな…続きを読む
ログイン新規登録(無料)