安達としまむら 5巻のtagauraさんの感想

未だに入間人間といえば、みーまーの印象が強くて、安達としまむらは本当に入間人間が書いているのか疑心暗鬼だったのだが、この巻以降は安心して入間人間の本として読めそうです。
★2 - コメント(0) - 1月28日

感想・レビュー投稿者

857冊/267789ページ/男性/33/技術系

tagauraさんの最近の感想・レビュー

なれる!SE15 疾風怒濤?社内競合 (電撃文庫)
次郎丸こわぁ……と思って読んでいたら室見さん無双でバッドエンドみたいな巻続きを読む
Effective Modern C++ ―C++11/14プログラムを進化させる42項目
読んでいる最中に思っていたことはほとんど「査読者あとがき」に書いてあった。これから読む人には、あとが…続きを読む
ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット (電撃文庫)
本編だと、茅場が神格化されている節があってそれはちょっとどうなんだろうと思っていたので、こういう切り…続きを読む
安達としまむら (3) (電撃文庫)
初期の頃からキャラ変わりすぎ発言はちょっとメタすぎる気もしたが、しまむらの小学生からのキャラ変わりの…続きを読む
安達としまむら (電撃文庫)
入間人間作品はきまぐれで読んだり読まなかったりで、これは読んでいなかったのだが、『やがて君になる』の…続きを読む
人類は衰退しました: 未確認生物スペシャル (ガガガ文庫)
ソシャゲだと思ったらモンハンだった続きを読む
ログイン新規登録(無料)