クズの本懐 7巻のよっちさんの感想

本性を隠さなくなった皆川先生をそれでもいいという鐘井。花火はえっちゃんときちんと向き合いその気持ちに区切りをつける第七弾。花火とえっちゃんの本音で向き合った展開にはちょっとうるって来ちゃいましたが、クズ過ぎてもいいとか言ってしまう鐘井と、彼女を何とかしたい麦にアプローチされる皆川先生とかいう展開は予想してなかった。最後はみんな幸せになって欲しいんだけどどういう結末になるのか気になります。
★36 - コメント(0) - 1月28日

感想・レビュー投稿者

2941冊/877713ページ/2834レビュー/男性/販売系

よっちさんの最近の感想・レビュー

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう! (MF文庫J)
しがないゲームディレクターで会社は倒産、企画も頓挫して実家に帰ることになった橋場恭也。輝かしいクリエ…続きを読む
14歳とイラストレーター2 (MF文庫J)
自分が挿絵を担当するラノベ作家・マリィが担当と揉めて逃亡を図り、気分転換に彼女や14歳コスプレイヤー…続きを読む
セキララにキス(1) (KC デザート)
みんなに好かれるため「仮面」をかぶって生きてきた女子高生・千歳。ある日、痴漢から助けてもらった少年・…続きを読む
律儀なひと
姿は見えないものの亡くなったばかりのおばあちゃんの声が聴こえるようになった貴雅が、おばあちゃんの叱咤…続きを読む
決断のナポリタン-キッチン・ミクリヤの魔法の料理(2) (双葉文庫)
幼馴染の御厨陽一が経営する「キッチン・ミクリヤ」で、正社員として働き始めた桜木まどか。お子様ランチの…続きを読む
職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方
なぜ残業だらけで休めない働き方になるのか。手戻り(やり直し)の多さや上司と部下の意識がずれる理由。報…続きを読む
ログイン新規登録(無料)