みかづきのまこっちゃんさんの感想

読んで良かった一冊です。戦中から現代までの教育、その中で奮闘する大島家の人々が描かれた長編モノ。冒頭の印象深いフレーズから楽しく読み進めた。中盤のちょっと引いてしまったがむしゃら展開は、終盤の大円団に繋がるのだと思っていたが、予想を超えた素敵なまとまり。「みかづき」の由来に触れられたシーンも良かったですね。爽やかな読後感です。
★49 - コメント(0) - 1月29日

感想・レビュー投稿者

201冊/77088ページ/158レビュー/男性/40

まこっちゃんさんの最近の感想・レビュー

また、桜の国で
ポーランドのことも戦争のことも、自分は何も知らないんだなと。人として誇りを持って死にたいなんて、自身…続きを読む
すべてがFになる (講談社文庫)
セリフ、言い回しに印象的な物が多いと感じたが、ストーリー自体はもう少しまとめられなかったのかと。ミス…続きを読む
十二人の死にたい子どもたち
久しぶりの冲方作品。物語の進行、登場人物の描写が凝っていたけど、長編ミステリーというにはちょっとあっ…続きを読む
あなたのための誘拐
エンタメ作品として割り切って読んだけど、どうもチャラい。続きを読む
罪の声
序盤はどうも煮え切らない感じで読みつかれたが、ひとつずつ真相解明へとピースがそろっていくような展開で…続きを読む
三国志(8)(吉川英治歴史時代文庫 40)
玄徳の死後、蜀を一身で背負った孔明。7巻、8巻はそんな彼の心情が描かれており、これまでの紙芝居的な本…続きを読む
ログイン新規登録(無料)