あこがれのやうこさんの感想

小学生の麦とヘガティー。気になって仕方がない人に対する純粋な想いと行動に、キュンとした。周りの子には言えないようなことも、二人は気持ちを分かち合える。思春期に向かうこれから、二人はまた大人になるんだろう。悩みながら、戸惑いながら。二人の『アルパチーノ』が続きますように。『ミスアイスサンドイッチ』『苺ジャムから苺をひけば』
★11 - コメント(0) - 1月29日

感想・レビュー投稿者

100冊/22817ページ/101レビュー

やうこさんの最近の感想・レビュー

星の王子さま (集英社文庫)
10代の時はよくわからなかった。しっかり大人になった今、何度目かの再読。心を動かされる場面が多いこと…続きを読む
センセイの鞄 (文春文庫)
たゆたう、という言葉がとても似合う本。10年前なら全くわからなかった。センセイとツキコさんの関係も、…続きを読む
奥様はクレイジーフルーツ
レスに悩む主人公の不満と妄想、あがく姿がずーーーっと書いてある。それぞれの季節のフルーツに絡めてある…続きを読む
ままならないから私とあなた
『レンタル世界』も表題作品も読み終えて感じたのは、誰の価値観も間違ってない、誰かを否定なんかできない…続きを読む
共喰い
澱んだ空気、海やヘドロの川の臭い、ベタつく汗や体臭までもが感じられるよう。血のつながりについても同じ…続きを読む
赤い蝋燭と人魚
哀しい物語の世界観と、酒井駒子さんの描く世界観がぴったり。どうしようもなく淋しく、切ない。物語のおじ…続きを読む
ログイン新規登録(無料)