虹の歯ブラシ 上木らいち発散のtojiさんの感想

ただの短編集かと思いきや、確かに最後の方で発散してくる。 そもそも青の章あたりで、こんなペースで7話入れることできるの?って不安になっていたら、ちゃんと期待を裏切らない仕掛けが施されていて良かった。 赤の章の個々のオチは確かにトンデモなんだけど、元々の上木らいち自身がほぼありえない存在なので、逆にそういう話として納得しかけた。
★4 - コメント(0) - 1月29日

感想・レビュー投稿者

168冊/54456ページ/男性/32/技術系

tojiさんの最近の感想・レビュー

AI時代の人生戦略 (SB新書)
科学リテラシーを磨きましょう、芸術にも感性を向けましょうということ。 基本的にそれ以外は最近の技術動…続きを読む
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
本書で繰り返し語られることは、3パートの人生設計では今後行き詰まるということだ。 従来のロールモデル…続きを読む
チェ・ゲバラの遥かな旅 (集英社文庫)
文庫版追記のゲバラに対する評として「人を愛する才能があった」という一文に何か納得するものがあった。 …続きを読む
脳男 (講談社文庫)
半分以上は事件よりも鈴木一朗の半生が焦点。 鈴木一朗のキャラが掴みにくい。 その掴みにくさは、まさに…続きを読む
○○○○○○○○殺人事件 (講談社ノベルス)
少なくともミステリ初心者には向かない本。内容自体変則的だし、ミステリ常套句も多数。個人的には「まあ全…続きを読む
大論争! 哲学バトル
現代的なテーマの設定、対話による対立構造の明確化により、それぞれの哲学を単独で勉強するよりも分かりや…続きを読む
ログイン新規登録(無料)