あこがれのブンさんの感想

言葉の量がすごい。小学生のまとまらない頭の中の考えをすべて書き連ねたようだった。ヘガティーが勇気を出して会いに行った腹違いの姉に「どうでもいい、関係ない」と言われる様はきつかった。小学生相手にそんな冷たいこと言わなくても。過去にとらわれるなって意味ならいいけれど。
★5 - コメント(0) - 1月18日

感想・レビュー投稿者

364冊/86212ページ

ブンさんの最近の感想・レビュー

愚行録 (創元推理文庫)
映画もびっくりな展開だったけど、小説だけを読んでも最後の最後で分かる真相にびっくりしそう。証言者が過…続きを読む
伊豆の踊子 (新潮文庫)
文豪作品に馴染みがないせいか、この作品が読み継がれている理由が分からなかった。主人公は別れて涙流すほ…続きを読む
天国は待ってくれる
夢中で観てたドラマ『ちゅらさん』や『泣くな、はらちゃん』の脚本家が書いた小説ということで期待して読み…続きを読む
妊娠カレンダー (文春文庫)
小川洋子の中でもとびきり淡々とした印象の作品集。『ドミトリイ』の先生には両手左足がないというのが一番…続きを読む
雪煙チェイス (実業之日本社文庫)
2年振りに読む東野圭吾。真犯人は誰か?ではなくアリバイ証人の正体は?に焦点を当てていて、つくづく色ん…続きを読む
星への旅 (新潮文庫)
境界を越え感覚が狂ってしまったような人々が描かれている。『星への旅』若くして退屈を知ってしまうとこう…続きを読む
ログイン新規登録(無料)