リビングバイブル 〈旧新約〉のharu@灯れ松明の火さんの感想

2016年5月に改訂版が出たので購入ス。そして、本書「リビングバイブル」を通読しようと思い、新約をまず読み終えた。とても分かり安い文章でスラスラと読み進むのであるが、少々違和感を覚える。その一番はヨハネの福音書1章であった。新共同訳、新改訳、口語訳と、まったく違う文章。ぅ〜ん、どんな意味なのか分かり易い文章にしてあるのは、それはそれでいいのだけども…。なにかが…ない…。旧約を読み進むも申命記28章にて通読を終了とス。この聖書は補助的なものにしておくべきと悟る。いつもの聖書に切り替えたのでした。
★14 - コメント(0) - 1月30日

感想・レビュー投稿者

700冊/203886ページ/男性/60/技術系

haru@灯れ松明の火さんの最近の感想・レビュー

すべて新たに
霊的に生きる。素晴らしい恵みの中で生きる。ということを、説明しようとすると、とてもじゃないが自分には…続きを読む
刺青(いれずみ)クリスチャン
この書に出ている本人が縁あって教会を訪ねて来られるというので、教会の本棚から借りてきた。なんとも生々…続きを読む
武士道とキリスト教 (新潮新書)
武士の義を極め得た小野派一刀流。「先の先」を読む。気を入れれば、ァッというまに太刀は跳ね飛ばされ、気…続きを読む
宗教消滅 (SB新書)
死ねば終わり。そうね、神など信じていないもの。だって、この世は理不尽なことばかりだし、人は信用出来な…続きを読む
あぶない一神教 (小学館新書)
何があぶないのかよくわかりませんでした。というか、読了して一ヶ月経つが何が書いてあったか記憶に残って…続きを読む
キリストの誕生 (新潮文庫)
この書によって教会へ導かれる一歩が始まった。教会へ行く半年前2011年夏のことだった。それから5年の…続きを読む
ログイン新規登録(無料)